ブラックショールズ理論

いまぼくは、これに取り組んでいる。とても難しい数学の道具を使う。確立微分方程式と、その解法のための伊藤積分。普通のリーマン積分じゃ解けない。さて、FXに取り組んでいるような皆さんにとっちゃ、夢の理論と言える。興味がないはずがないだろう。え…

ランダムウォーク

コメントを少しばかりいただいたようだ。でもね、ぼくは目が悪くてね。ちゃんと把握したうえで、返事を書くことができない。失礼をお許しいただきたい。 さて、かつてぼくには、FX友達がいた。確か、山田氏と言った。彼は、FX市場は、ランダムウォークであり…

直観主義の数学

っていうものを知っているかい。難しい話はもういらないだって。そうだろう、わかるよ。簡単に説明するから、聞いてくれ。諸君が、中学、高校、大学で学んだ、普通の数学では、「排中律」という公理を使ったと思う。で、排中律というのは、「AまたはAでは…

経済数学の直観的方法

マクロ経済学の本は、いったんお休みして、タイトルの本を読み始めた。ブラックショールズ理論の解説をここで書くと大口を叩いたぼくだが、今まだ、この本を読んで、確率統計論から、入門中のぼくなんだ。笑ってくれ。しかし、この本は面白い。ところで、ぼ…

研究者から魔術師へ

前回、かつてぼくが、伝道師であったことを書いた。そして今、魔術師を目指しているわけだが、その前にちょっと、研究者を目指していたことがあった。伝道師→なんちゃって研究者→魔術師見習。という順に変わってきたんだ。研究者の初期は、AIを研究した。デ…

伝道師から魔術師へ

マクロ経済学の本を読み始めた。ぼくは、過去、好きなことしか学んでこなかった。興味の的は、数学、理論物理学、芸術などだ。経済は、ぼくには歴、史などと同様、退屈なものに過ぎなかった。今、棺桶が近づいてから、初めて学んでいるんだ。それというのも…

魔術師の心得その1ほか

ぼくは、良く、このブログで、コメントが欲しいと言う。これは、誉められたいわけじゃない。甘いことを言われたいのでもむしろ、ない。文句を言ってもらいたい。クレームも歓迎だ。変態かって。正直に言うけど、孤独なんだろう。双方向をもっと経験したいん…

株価指標

諸君は、株価指標というものを知っているだろうか。企業分析にことかって。いや、そうじゃないと言ってもいいだろう。これを知ることは、効率がいい。まず、理解が簡単、その割に役に立つ。じゃ、すぐに教えてくれよ。待ってくれ、このブログのテーマはは、F…

魔術師の勉強とFX投資最弱説

「マーケットの魔術師」は読み続けている。だけど、分厚い本なんだろう(キンドル版なので、本当の分厚さは不明)まだ、12%しか読み終わっていない。この本は必ず、最後まで読むつもりだけど、薄そうな本を優先することにした。「アメリカ株長期投資」の本…

トレンドシグナル

前回の記事で「人の手法は使えない」と主張したばかりのぼくだけど、今回は、100%人が作ったトレンドシグナルをインジ(インジケーター)思い出して。こんなのがうまくいくとは思ってもいなかった僕だけど、5年くらい前のこと、日本じゃないどこかのサーバ…

人の手法は使えない

魔術師の言葉だ。このブログを見に来るのも、楽々儲かるる良い手法はないものかと、チェックに来ているのかも。しかし、魔術師は言う。人の真似をしても、最後は、真似した自分と真似されたその人の悪い所が、結果に出て仕舞うと言うのだ。ホントだろうか。…

名著「マーケットの魔術師」

前回、名著と言われる「マーケットの魔術師」から、著名魔術師のアドバイスを紹介した。その日の深夜渡って読み続け、紹介したいことが、次々に出てきたんだ。だからね、今回は、この本是非とも読んでくれと、強く勧めたい。株であろうと、先物であろうと、…

魔術師のことば

名著と名高く、長い間読まれている本著名な本、「マーケットの魔術師」を読んでいる。今回は、この本に現れる、印象的な的な魔術師の言葉の中から2つばかり、紹介したい。 ① 頂点を極めるようなトレーダーには、天の与えた才能が必要だが、優れた稼げるトレ…

ぼくのFX

このブログは、開始時にはてなのFXグープに登録した。ぼくがオーナー去ったと思う。その後、このグループへの参加人員が、毎日のように増えた時期もあるほどなんだ。だけど、当の本人であるぼくは、FXから興味を長い間、なくしたままだった。今、魔術師を目…

イベントの教科書と魔術師のマント

「イベントの魔術」のためのイベント関係の教科書は、結構いろいろあるんだよ。そのいっさつが、きょうの夕方(つい今しがた)到着した。字が薄い。内容は簡単だと思うが、こりゃ苦労しそうだ。ぼくの代わりに読んで、教えてくれる人がいたらなあ。視力が弱…

イベントの術(イベント推移の術)

投資業界では、イベント投資と呼ぶそうだ。ぼくは、イベントの術と呼ぼう。この場合のイベントは、多岐に渡る。一人で調べるのは大変だ。協力者が欲しいところだ。だけど、コツコツ、地道に調べ上げる他はないかもしれないとも思う。とにかく、まずは、イベント…

株投資の秘本

「東証1部昇格銘柄を事前にキャッチして資金を5倍にしたJ-Coffee投資法」という本を注文した。到着は月末かな。もちろん、まだ、読んじゃいない。これ、現在は古本しかなく、新品同様状態のものは、1万5千円程もする。ある人は、この本を読んで、1億以上…

イベント推移の術

推移の術は、強力な魔術なのだ。 米日推移の術 ⊂ 推移の術イベント推移の術 ⊂ 推移の術 米日推移の術については、既に述べた。今回は。更に広く使える、イベント推移の術について。この術は、FXにも有力だと思う。株式投資にもね。FXでは、雇用統計などの各…

変移の術Ⅱ

可夢偉が遺伝を思い出す。たしか、変位抜刀の術だったね。偏移の術は、強力だけど、今回は、そのうちの一つ。日本の米国向け輸出企業なんだけど、輸出代金は、ドルでもらうよね。そして、いつか、税金・給料支払いなど、円が必要になり、ドルを円に換える必…

米日・変移の術

まだ自分での実践もないし、詳細は書かないよ。これは、FXのファンダメンタルズと同様、例えば、雇用統計の強弱を予測して、発表直前にポジションを持ち、発表後決済するという方法ではなく、雇用統計の結果を見て、その発表によって、上がるか下がるかした…

魔術師の教科書たち

魔術師になるために、相変わらず本を読んでいる。そんな中、あるFXの本に「本本を読み漁るのはやめませんか」なんて書いてあった。で、どうしろというのかは、これから読むところ。でもね、ぼくは本が好きだけど、読み漁ってるわけじゃない。って、漁るよう…

株式投資で成功するたった一つの方法

という本(キンドル)を読み始めた。で、内容は、「株は、社長で選べ」というもので、少し読んで、パソコンから削除した。つまらない本を買ったものだ。最初から期待はしていなかったが、これほどとはね。「株は、社長で選べ」というのを、帯にでも書いてお…

ぼくのヒーロー

どっかの魔術師なんだろうって。いやね、ぼくのヒーローは、フランスの数学者、エバリスト・ガロアなんだ。彼は、高校生の頃、その後の世界に大きな影響を与えることとなる、ガロア理論を完成したが、この論文を書き上げた後、一人の女性を巡って、決闘し、…

運の扱い方(序章)

「マーケットの魔術師」を読み始めた。この本は、何人もの魔術師たちのインタビュー集のようだ。中には、投資に失敗して無一文を何度か経験した者もいる。その後、3万ドルを投資し、8000万ドルを手にした魔術師もいる。これには勇気を与えられる。大失…

ファンダメンタルズ・・ニカル・トレード

フFandTァンダメンタルMAJUTU ズ・テクニカルという手法が、夢に出た。ふざけるなって。いやね、覚えにここに記す。って、わけ。ファンダメンタルズと言っても、ヘッジファンドが、読むようなどっちに転ぶかっていうのじゃなくて、ファンダメンタルズに頼る…

魔術師のDVD教科書

何回か前の記事で、紹介したDVD教科書(FXのファンダメンタルズを理解して大きく儲けよう)を見た。結論を言うと、期待外れだった。業界世間話のような内容で、何度も繰り返し見ようと勢い込んでいたが、1回で十分だった。ごめん、お勧めはしない。早く言え…

FXで勝つには

ごめん、ブログのタイトル、変えちゃった。もう、ねんきんろぼっとを目指しちゃいないんだからね。でも、ロボットを絶対使わないとは言わない。それが、一番良ければ、躊躇わず使うだろう。その時に一番良い魔術(方法)は何かってこと。ぼくは、優れた魔術…

FX魔術

師を目指すことを決めてから、FXの魔術について考え始めたんだ。ぼくの経験や好みからして、FXの魔術は、数あるテクニカルの一つに違いないと感じていた。ただし、FXで大きなお金をも動かす魔術となると、それは、ファンダメンタルズの魔術になるのではない…

魔術師の教科書Ⅲ

ぼくは本が好きだけど目が悪い。だからいまは、キンドル専門だ。それでもこの本は、DVD付きだし、例外的に根性で読もうと思ってる。東大数学科の学生にも無理だと言われる、確率微分方程式の本(字も超細かい)に比べたら、何とかなるだろう。 まだ、読んで…

魔術師見習の仕事

ぼくは20年前に大きな仕事を手掛け、最終的に、投資額の3倍のリターンを得ることに成功し、この夏、この初仕事(M1計画)は完了した。そしていま、M2計画に着手しようとしている。と同時に魔術師の見習い(まずは、基本の一から勉強)」を始めようとしてい…