年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

冒険のはじまり

ほんとうは「聖杯ロボットをめざして」としたかった。

年金なんてしょぼくさい単語を使うことになろうとは。

 ぼくは実をいうと年金を気にする年齢なのだ。ああ、そうね、10代の若者だって気になる人は気になるものだ。まぁ、ぼくはとくに気になるお年頃というわけだ。

 ぼくはサラリーマン時代が短く、このまま行くと年金額は月10万円ほどだ。個人保険の年金のようなものが月2万ある。あわせると12万円だね。生きていけるだろうか。いけないね。

 それでけっきょくなんだっていうと、FX(外国為替証拠金取引)の自動売買をするロボット(ソフトウェアだね)を自分で作って、運用しようじゃないかってことなのだ。

 毎日・毎日、コツコツとしらないうちにお金を稼いでくれる、安全で、安定したロボットだ。「金のなる木」とよんでもいいだろう。まぁ、そんな都合のよいものを作っちゃおうってわけだ。

 さあ、おじさん(ぼくのことね)の気の長くもわくわくした冒険のはじまりだ。