読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

お金に興味がない

これから長いあいだ、このブログでは、お金の話を書いていくことになるだろうが、ぼくはお金にあまり興味がないのだ。そもそも、それが原因でぼくは貧乏なのだろう。

その昔、ずいぶん昔だ、ぼくには数億円の資産があった。ストックオプションによるものだった。しかし、その資産にあまり関心を向けることがなかったこともあり、あっという間に1/3ほどになってしまったのだ。その後、億を超える税金を払うことになった。

残ったお金で、米国株を買った。5千万円分を一度にだ。その買った株価が4倍になった。1/5を売ったら、そのお金で、生活の心配がなくなったのだ。この時点で、残りの株には興味がなくなっていた。その株はその後も上がり続け、最初の6倍になった。

しかし、生活の心配がなかったので、その株への興味がなくなっていた。その後、株は暴落し、こんどは逆に最初の1/7まで下がった。けっきょく最後は紙屑のようになったのだ。これがぼくのお金に関するヒストリーだ。

その後も現在に至るまで、生活さえできればそれでいい、というぼくの姿勢は変わっていない。簡単にいってしまうとダメ人間だ。だけど、お金がいっぱいあるころも、それでしあわせだと思ったことはなかった。逆にいうと、お金のないいまが不幸だとも思ったこともない。そこが、ダメってことなんだろう。

さてさて、そんなぼくが、お金を求めて(いるようにしか見えないはずだ)、FXに挑戦していくのだ。ブログタイトルにあるように、年金ロボット(FXの自動売買によってぼくの年金を生み出し続けてくれるロボット)を開発して、運用することが目標だ。

運用資金は?  ぜんぜんないよ。それで運用もないもんだろう。そもそもその辺りから、無謀だろう、いや、冒険といってくれ。ゴホンっ、まずは、ロボットを使わない裁量トレードを始めたいと思っている。

えっ、絶対うまくなんかいかないよ!って?  うん、FXでは、9割の人たちが失敗するということになっている。おまえもその9割だよ!  つづきは、つぎのつづきへと、つづく..。