読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

情報の宝庫

情報はいくらでも手にはいる。

そのためには、ほんのちょっとした努力は必要なのだ。FX(Forex)や MT4(MetaTrader4)関連情報について、ぼくは、外国(英語圏)のサイトをよくみている。英語が得意なわけじゃない、っていうかむしろ苦手である。それでも検索するのは、そこが情報の宝庫であるからだ。

【 YAGOO(ヤグー) http://yagoo.org/

f:id:fxrobot:20130819090817j:plain

うえのサイト(http://yagoo.org/)を使うと便利だ。

検索したい単語のまえにスペース(半角でも全角でも)をひとつ置いてくれ。

えっ、なんだって、ぐるぐる(Google)するよりめんどうじゃないか。でもね、そうすれば、「日本語のページを検索」のオプションが有効になる。ぼくは、英語のサイトがでてくるのに腹がたってしまうのだ。英語のサイトを検索するときに日本語のサイトが混ざってくるのにも腹がたつ。

検索したい単語のまえに「G」を置けば、グーグルで英語サイトのみを検索してくれる。おなじように「Y」や「L」も可能だ。

G          Google english sites search

Y          Yahoo! english sites search

L          LYCOS english sites search

ってことになっている。

g          Google 日本語サイト検索(「g」のかわりにスペースでもおなじ)

y          Yahoo! 日本語サイト検索

u          YouTube の動画検索

i            Infoseek(楽天)検索

b          Bing(マイクロソフト)検索

o          goo 検索

x          Google と Yahoo! の同時検索

そのた、「e」で英和と和英の辞書検索してくれる。

e          英辞郎 英和・和英辞書

d          Yahoo! 辞書

>        Google 日英翻訳

>          Google 英日翻訳

?        Wikipedia 日本語版

?          Wikipedia 英語版

6          Excite 新英和中辞典 第6版(研究社)

4          Excite 新和英中辞典 第4版(研究社)

2          Excite 大辞林 第2版 (三省堂)

っていうのもある。で、ぼくのばあいは、「G」「Y」「e」「>」「>」をよく使うね。

ことはついでだ。

a          アマゾン商品検索

r           楽天商品検索

R          楽天オークション検索

!           Yahoo! オークション検索

こんな検索もできちゃうぞ。

ちなみにこのサイトはぼくが作ったのだが、このところ、まったくメンテしていない。しかし、便利なのでそのまま置いてあるってところだね。

はなしがちょっと脱線したが、FX で勝つためのテクニカル分析についていうなら、この世界には数千種類のインジケータがあるだろう。それらは、どれも、かんたんに手にはいる。

「G」や「Y」で検索してみればかんたんだよ。

でも、日本国内にもべんりなサイトはたくさんある。きょうは、ぼくがよく使うもっともべんりで優れたサイトを紹介しよう。

【 MT4でFX[MT4インジケーター] http://www.abysse.co.jp/mt4/

f:id:fxrobot:20130819095729j:plain

 

 さあ、思いっきり試してみてくれ。