年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

EAQuery

ともだちとはなしをしていて、ね、その彼はマネーマネジメントにこだわりがありアイデアももっている。しかし、プログラミングは専門ではない。その彼に書くことができる言語(クエリー言語)でマネーマネジメントのブロック(MMブロック)を作り、あるソフトウェアによって、すでにできあがっているMQL4で書かれたロボットを自動的に改造できるとしたらどうだろう。

f:id:fxrobot:20130901050118j:plain

そうなんだ、そのあるソフトウェアというのが「EAQuery」なのだ。これは EAQuery の特別な機能のひとつにすぎないが、これはおもしろくはないだろうか。

EAQuery については、すでに名前だけは公開していたが、実体は謎だった。じつはいまも謎 :P。ではあるが、ぼくは、このソフトウェアを作ろうとしている。なんだ、まだアイデアだけかい!

この EAQuery はその名のとおり、まさに EAへのクエリー(照会)をおこなうのだ。えっ、EAQuery っていうのは、EA開発ツールじゃなかったのかって。それはそれでべつに開発するよ。「EABuilder」という名前だ。ひねりがないね。まっ、完成したらちょっとひねると思うよ。

つまり、EAQuery と EABuilder という2つのソフトウェアを作ろうとしているのだ。ただね、このはなしはね、先のながい、ながい、気のながいはなしだ。

この場のでっちあげでおわる可能性もあるだろうね。期待する人、いるかぁー。