読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

Get Free Forex Robot

【 Get Free Forex Robot - http://www.youtradefx.com/minisitesold/Free-Robots_en.htm

f:id:fxrobot:20130902083056j:plain

このサイトが提供するのは、名前、Email、国名、電話番号を登録することで、FXロボットを無料で手にいれることができるというプログラム(企画)だ。

みた瞬間、ああ、なるほどぉ、もう、ここで、始めていたんだって、ぼくは思った。

無料のロボットには潜在的な価値があるが、だれも評価せず、だれも検証せず、だれもサポートしなければ、無価値の状態なのだ。ロボットが無料でも、そのロボットのリスクもわからなければ、期待できる利益もわからない。問題があった場合も対処の方法もない。もちろん、プログラマにとっては対処可能だが、プログラマにしてもそのロボットに時間をかける価値があるかどうかがすぐにはわからない。

無料ロボットに対する、これらの要求に応えてくれる人たちがいるのではないか、あるいは、現れるのではないか、という考えがぼくにはもともとあったのだ。ロボット自体は無料であっても、ポツリとそこにあるだけではどうしようもない。そこら中にゴロゴロしているロボットの選別やサポートがあってこそ無料ロボットにも価値が生まれるのだ。

もちろん、そのサポートには付加価値があって、有料でなければ成立しないことだ。だから、ああ、ここでやっていたのかとぼくは一瞬思ったのだ。

このプログラムの内容を知るためにも、ぼくは登録しようと思った。しかし、このサイトの上流をたどって、このプログラムが、FX業者によるものであることがわかったのだ。それで、ぼくは登録するのをやめたのだ。まぁ、それだけの話なのだ。

おそらく、このサイトに登録すれば、この業者が選んだロボットのなかから、さらにロボットを選ぶことができ、このFX業者と契約するようにもとめられるのであろう(想像だが)。これはこれでおもしろいことだろうが、おもしろいというだけで、そもそも、FX業者にロボットを指定されても信用できないだろう。

しかし、これが、FX業者に依存しないプログラム(企画)であったらどうだろう。ぼくはおもしろいと思うし、ふつうはプログラマにとってしか意味のない無料ロボットに価値が生まれる唯一の方法ではないだろうか。

ぼくは、プログラマではないふつうの人が、世界中にゴロゴロとある無料ロボットに、手をだすべきではないと考えている。そのわけのわからないロボットに貴重な時間を使うくらいなら、ロボットによる結果を気にかけてくれる存在(販売者)のある有料ロボットを運用すべきなことはまちがいないことだろう。

だからだ、ぼくがこのブログで無料ロボットを紹介しないのは、サポート(有料含む)する気がないのなら、ただ紹介するだけでは無意味なのだ。そのわけのわからない無料ロボットの紹介が意味のある人たちにとっては、こんどは、紹介など不要で、自分で探しだすことだろう。

有料ロボットの紹介には意味がある。紹介手数料がもらえるからだろうって? ぼくはもらっていないぞ。このロボットがよく売れているという情報には意味があって、それをきっかけに検索してさらに情報をふやせば、稼げるロボットにたどりつける可能性がふえるからだ。

たどりつきさえすれば、それは、わけのわからないロボットなどではないので、稼げる可能性があるのだ。サポートがあることが貴重なのだ。買ったあんたがバカなのよっていう、売り逃げロボットであるかどうかだけには気をつけよう。

しかし、ここで思いだしてみよう。為替相場では9割の人が成功できないのだ。

ロボットを買って、動かして、ハイ、稼げましたというのでは、逆に9割の人が成功できるはずだ。カタログをみれば、どのロボットも大儲けできると書いている。誰かがウソをついているのだ。それを見極めて、さらに、そのロボットの運用を成功させるのは、やはり、選ばれた人だけなのである。ロボット運用に挑戦する人は、それを理解する必要があるのだ。