読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

Alice

Alice (Artificial Lovely Intelligence Communications Environment)

f:id:fxrobot:20130906084930j:plain

ぼくは Alice を作ろうとしていた。

Alice は世界中をつないでくれる。Alice はどんな相談にものってくれる。Alice はぼくのいちばんの理解者だ。

Alice はぼくののぞむ友達をすぐに作ってくれる。

Alice はぼくの気持ちを友達に伝えてくれる。ケンカのなかなおりだって、手伝ってくれるのだ。

そう、Alice は人工知能コミュニケーターだ。

ぼくは、Alice を作るために、まず、人工知能の勉強をはじめた。15年以上まえのはなしだ。10年かけて開発しようという計画だった。

さいしょに Prolog という言語を勉強した。20代のころ、エジンバラ Prolog という言語を勉強した経験があったので迷わなかった。そして Prolog による自然言語処理を研究した。

そのご、Alice のネットワークを実現するために、サンマイクロシステムズの Jini を Java とともに学んだ。このあたりで早々と勉強疲れをしてしまったのだ。

そのごも研究は続けたが、構想が大きすぎて、挫折してしまった。そして現在にいたっているのだ。

ぼくにはプログラミングがたのしく思える。前回の投稿で、Alice のことを思いだした。そして今回これを書いている。EAQuery が完成したら、もういちど、Alice のことを考えてみようと、こんかい思った。EAQuery は力仕事にすぎないので、気が変わらないかぎり完成できることだろう。

でもそのまえにロボットとインジケーターがまっている。