年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

EAつくる君 プロフェッショナル版

【 EAつくる君 プロフェッショナル版 - http://fx-on.com/adviser/once.php?i=2505

f:id:fxrobot:20130912185811j:plain

ぼくが 7,434円で購入したのは「通常版」といって、これで作った EA は販売できないとのことなのだ。きょうマニュアルを読んで初めて知ったのだ。まぬけだね。XD

もちろん、EAつくる君を購入したのは、それで作ったEAを販売するためではない。これについては前にも書いたが、学習・実験の支援とソースコード入力の省力化のためだ。だったら問題ないじゃないか。

いやね、ぼくが作ったロボットの一部にEAつくる君が吐きだしたソースコードの一部が混じったらどうするのだ。ライセンス違反になるというのか。ソースコードに名前など書いてないぞ。判別する技術も存在しない。

つまり、名前も印も付いていないソースコードに制限をもたらすようなことをするくらいなら、ソースコードなどださなくてよいと思うのはぼくだけだろうか。たしかに、このことにこんなにこだわり、気にする人はあまりいないだろう。いざ売るとなったら、まったく気にせず販売してしまう人が多数派のはずだ。だって絶対バレないわけだから。だけどぼくは気にせずにはおられない。

ところで、ぼくの記憶では、EAつくる君を作るのに「MetaTrader4逆引きハンドブック」を参考にしたと書いてあったように思う。このハンドブックは、ぼくももっているが、いろんなテクニカルのプログラミングが載っており、そのソースコードは参考になる。もしそうだとしたら、この本の著作権はどうなる。ぼくはこの本をみながらコードを打ちこむのを省力化するために、EAつくる君を購入したつもりだった。

ぼくはちょっとあきれてしまったのだ。EAのソースコードを吐きだす技術はそれほどレベルの高いもんじゃない。その昔、Microsoft C++ のパッケージがこんな値段だった。ぼくには C++コンパイラを作る自信はないが、EAビルダーなら作れるだろう。

ところで「購入数 3商品」とあるのは、売れた数か? 27000回みられているのに売れたのは3か。企業が購入したのだろう。まぁいい、どういう商売をするのも自由だからね。

ただね、ぼくはね、EAつくる君にはがっかりさせられたよ。

【 MT4EAエディタ - http://www.dlmarket.jp/product_info.php/products_id/197942

f:id:fxrobot:20130912193752j:plain

これは、ぼくが 8,500円で購入した Pro版だ。すべてが Pro版で、これで作ったEAの販売は自由だ。販売ページの説明にちゃんと書いてある。敬意を表したい。

今回のテーマはもうわかったことだろう。EAつくる君がこんなことじゃ、国産EAビルダーとしてリーズナブルな価格設定をしている MT4EAエディタに注目しないわけにはいかない。機会を改めて詳しく取りあげたいと思う。

 【 Molanis Strategy Builder - http://www.molanis.com/ - 149.99ドル】

f:id:fxrobot:20130912194355j:plain

 こうなるとやはり、ぼくがナンバーワンと掲げるモラニスを日本国内の人たちが利用できる環境を整えるべきだろう。日本語マニュアルと日本語サポートだ。ぼくができないものかと検討しているが、少なくとも年内は無理だろう。だれかやりたいと思う人がいれば、ぼくとしては歓迎だ。

まさかとは思ったが、公式サイトを詳しくみてみた。Pro版はソースコードを表示しているのだから、それをどうするかを制限できないという考えのようにぼくには思えた。しかし、確認のため、ぼくはカナダのモラニス社にライセンスについて問い合わせをしたのだ。モラニスで作った EA を販売してもよいかどうかということをだ。EAつくる君のプロフェッショナル版の存在を知るまでは心配すらしていなかったことだ。

問い合わせの結果、日本時間の 19:00にだしたメールへの返事が即座に戻ってきた。

You can sell the eas with any version. With the standard version you cannot change the code so all copyright and messages say molanis. To change that you need a pro version.
Mike
Molanis Team

ぼくは Pro版だけではなく、ついでだから、ソースコードをだすことができない(ex4ファイルをだす)スタンダード版についてもその ex4 ファイルを販売できるのか尋ねたのだ。こたえはうえのとおり可能だ。もちろん、Pro版であれば作った EAの販売は自由だ。

そして、今回のやりとりから、Mike にモラニスの日本語マニュアルがあることをおしえてもらった。正確には、あるはずだからさがせばみつかるよといった感じだ。で、ぐるぐるしてみつけたよ。

http://ascendant.jp/_userdata/MolanisSB_ja.pdf

↑これだ。なーんだ。よかったような、ちょっと寂しいような。:P

そのできについてはいまいちという感じだけど、ないよりましだろうし、まずはこの日本語マニュアルを読んでみて、使えそうな自信ができたら、試用版をインストールして試してみよう!そして納得したら購入しよう! ぼくも購入するつもりだ。

【 Forex EA Generator - http://www.forexgenerator.com/ - 175ドル】

f:id:fxrobot:20130912194408j:plain

こちらはぼくが購入した EAG(Forex EA Generator)だ。これは万人向けではないと思うからお勧めはしないが、興味のある人はぜひとも公式サイトをみてほしい。

さて、バカみたいな質問だとは思ったが、念のため、こちらの開発元であるエータソフト社にもそのライセンスの確認のため問い合わせをおこなった。

エータソフト社からは時差の関係で回答がすぐにこないことはわかっていた。送金したときもそうだったからだ。EST 9:00 にならないと彼らはオフィスにやってこないのだろう。ちなみに日本との時差は -14時間だ。

そして、返事がきた。Yes, you can resell EAs made with Forex Generator. と、かんたんながら予想したとおりの当然の回答だ。くだらない質問をしてしまったという想いすらわいてくる。しかし、今回、確認したことは意味があっただろう。