年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

プログラミング言語 人気ランキング 2013

【 TIOBE Programming Community Index for September 2013 】
http://www.tiobe.com/index.php/content/paperinfo/tpci/index.html

f:id:fxrobot:20130930190806j:plain

プログラミング言語の人気ランキングである。人気ランキングといっても調査の方法によって結果は大きく異なるのは当然だが、TIOBE によるランキングは最も有名なもののひとつで、多くの人たちが参考にしているものだ。

さて、結果は驚くなかれ、40年前に現れた C言語が現在でもナンバーワンなのだ。2011年は 確か Javaが1位だったはずだ。この調査によると、Javaは長期的には下降傾向にあるそうだ。その結果として、2012年から2位となったということなのだろう。

C#マイクロソフトによって開発されオープン化された言語だが、だれに聞いても評価が高い。やはり後発だけあって、Java などよりも改良・モダン化が進んでいるようだ。ただし、職業プログラマにとっては、つぶしが効く言語とはみられていないようだ。その意味では JavaC++ がダントツということだろう。

また、Perl はしかたがないとしても Rubyhttps://www.ruby-lang.org/ja/)が大きく下降しているのは意外だ。同種である Pythonhttp://www.python.org/)との順位の差が大きい。まぁ、ぼくは Python 派だから気分は悪くない。

ところで、プログラミング言語界にとっての AKB48といってもよいのが JavaScript だ。HTML5 の躍進により大人気・大注目の言語なのだ。また、ウェブ・ブラウザのクライアント言語として選択の余地がないということもある。

ただしこの言語はかなりの暴れ馬でもある。Java の君臨によりクラスベースのオブジェクト指向が共通スキルとなっているなか、JavaScript はプロトタイプベースという極めて希なタイプのオブジェクト指向を採用している。しかもやっつけ仕事で策定された仕様ということもあるのか批判も多い。

その結果、JavaScript をラップするような形で現れた、エレガントな言語仕様をもつ CofeeScript(http://coffeescript.org/)や、ポスト JavaScript としてグーグルにより開発された Dart(https://www.dartlang.org/)が注目を浴びたりしている。個人的には Dart は今更 Java の焼き直しのようであり、実につまらない言語と感じるが、職業プログラマにとってはまってましたというところだろう。CoffeeScript はいいと思うが、JavaScript のような荒々しさや力強さがないように感じる。

さて、ここで別の調査結果も掲載しておくことにしよう。

【 The RedMonk Programming Language Rankings: June 2013 】
http://redmonk.com/sogrady/2013/07/25/language-rankings-6-13/

  1. Java
  2. JavaScript
  3. PHP
  4. Python
  5. Ruby
  6. C#
  7. C++
  8. C
  9. Objective-C
  10. Shell
  11. Perl
  12. Scala
  13. Assembly
  14. Haskell
  15. ASP
  16. R
  17. CoffeeScript
  18. Groovy
  19. Matlab
  20. Visual Basic
この調査の 2012年の1位は JavaScript だったようだ。また、TIOBE の調査に比べ Ruby が検討している。そして、Scala(http://www.scala-lang.org/)、Haskell(www.haskell.org/)や CoffeeScript、Groovy(http://groovy.codehaus.org/)がランキングインしているのが興味深い。このなかで特に Scala は次世代の言語として注目されている。関数型言語だが職業プログラマからも支持を得られる実用性を備える。しかし TIOBE においては 42位だ。
ぼくの感じでは、TIOBE がビジネス世界の常識を反映していて、RedMonk の調査は趣味世界を強く反映しているように思える。
また、ぼくの予想では、TIOBE の調査においても RedMonk の調査においても JavaScript がナンバーワンの王者となるはずだ。JavaScript に対するグーグルからの刺客である Dart は圏外であり。CoffeeScript についても、言語ランキングには姿を現さないものの、競争相手が多くいる。それは何か。
jQueryhttp://jquery.com/)という人気者がいる。ただし現状の jQuery は言語としての JavaScript を支援するものとはいいにくい。それでも今後、そのような機能が追加されていく可能性はあるだろう。
本命は Prototype.js か Underscore.js か MooTools か。どれも JavaScript ライブラリと呼ばれるものだ。これらは JavaScript の追加機能として簡単に利用できる。ぼくが注目しているのは、Underscore.js(http://underscorejs.org/)と MooTools(http://mootools.net/)だ。
また、今回は詳しく述べないが、JavaScript はそれらのライブラリを追っかけるように進化を続けている。同時にそれらのライブラリは JavaScript の進化の先回りをして機能を提供している。
このダイナミックな進化は他の言語にはみられない現象なのだ。
JavaScript は止まらない。