年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

RocketDoc

ぼくが Windows7 を導入すると同時に使い始めたのが RocketDoc だ。

【 RocketDoc - http://rocketdock.com/

f:id:fxrobot:20131010072027j:plain

つまり Mac OS X をまねて Windows 用に作ったメニューツールが RocketDoc というわけだ。ぼくは大変便利に使っているので、皆さんにも紹介することにしたのだ。

まぁね、好みもあると思うから、こういったものを好まない人はパスしてほしい。ぼくはこれをアプリケーションランチャーとしてはまったく使っていない。つまり RocketDoc のアイコンをクリックしてアプリケーションが起動するという使い方はしていないのだ。もちろんそういう使い方もできるのだが、アイコンに対応させているのは、すべてフォルダーへのパスだ。

アイコンをクリックすると、そのカテゴリーに対応したフォルダが開くようにしている。これがぼくにとってはとても便利で手放せなくなっている。ぼくが作ったメニューを参考までに以下に載っけたよ。(クリックで拡大できる)

f:id:fxrobot:20131010073202j:plain

使っているディスプレイが横長なので、アイコンをかなりたくさん作ってしまった。必要なフォルダに直ぐにアクセスできるのが便利なのだ。

あと、このツールはとっても楽しい。標準でついているアイコンだけでも使えるが、RocketDoc にある「アイコンの設定」という機能で専用のウェブサイトから好みのアイコンをダウンロードできるのだ。以下にその画像を示す。

f:id:fxrobot:20131010074256j:plain

上の画像の中にある「さらに取得」というボタンを押すと自動的に専用ウェブサイトに接続し、そのサイトにある数多くのアイコンの中から選んでダウンロードできる。

それ以外にも、自分で作ったアイコンや画像を RocketDoc のアイコンとして使うことも簡単にできるのだ。

ことはついでなので、ぼくのデスクトップを紹介しよう。

f:id:fxrobot:20131010075431j:plain

これを見ればわかるだろうけど、一番上の最初の画像のようにかっこよく使っているわけではなく、あくまでも実用的に便利なので使い続けているのだ。

いい忘れていたが、その気になれば、デスクトップ全体をかっこのよいデザインにまるまる変えてしまうこともできる。そのためのスキンも数多くあるようだ。

いろいろ試してみてもらえれば幸いだ。