年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

wxBasic - wxEditor 4.0.3

wxEditor の最新版である wxEditor 4.0.3 が見つかった!
おそらくは公式版といってよいものであろう。

【 wxEditor 4.0.3 - http://ducke.puppyfiles.org/wxEditor4.0.3.zip

f:id:fxrobot:20131204085348j:plain

こちらは、デフォルトの表示がドイツ語ではなく英語だ。そうでなきゃね。でもほんの一部だけどドイツ語が残っているね。これはご愛敬ということで。

wxBasic の現時点における最新版である wxBasic 2.8.12.30 をダウンロードした人は、そのなかの wxEditor をこちらに置き換えるとよいと思う。

wxEditor はソースコード付きなのでそこに意味がある。wxEditor.exe も付いているが、Control Center(左側のウィンドウ)と Log Window(一番下のウィンドウ)のフォントは変えられるのに一番肝腎の Edit Window のフォントが変えられない。どういうこと?

f:id:fxrobot:20131204095520j:plain

下のように背景色などを変えることができるが、前景色(テキスト色など)が変更できないなど中途半端だし、保存できない項目もあるような状態ではある。ただし、wxBasic のコードでエディタを修正・変更できるのは魅力的だ。もんくがある部分は直すことができる。

f:id:fxrobot:20131204100531j:plain

結局、この wxEditor というものは wxBasic を学ぶための大きな教材と捉えればよいのである。また、メニューを日本語化したり、エディットウィンドウのフォントを変更したりできるようにするのは容易なことだろう。技術的にはね。ただし一定の労力は必要だろうから、これに取り組む人はいないかもしれないね。ぼくはやるかも。

ああ、そうだ、大きな教材(Examples)の前に、中くらいの教材や、小さな教材などたくさんあるから、まずは小さな教材や小さな部分から学ぶのがよいと思う。その先にはこんな大きな教材もあるということだね。

とくに記事として書くほどのことではなかったけど、wxBasic 2.8 をダウンロードした人に対しては必要なお知らせだと思った次第。