年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

Ruby 1.8.7

時代遅れのぼくは、なんてったって ActiveScriptRuby 1.8.7 なのだ。
ぼくは職業プログラマってわけじゃないので世のなかの事情はあんまり関係ない。f:id:fxrobot:20131212060348j:plain
まぁ、そうは言っても ActiveScriptRuby 2.0.0 があるので、そちらを使うのがよいだろう。っていうか、普通だと https://www.ruby-lang.org/ja/ だよね。

それでもって Windows だとここだろうか。
f:id:fxrobot:20131212043613j:plain

 http://rubyinstaller.org/
最新版は、RubyInstaller version 2.0.0-p195 のようだけど、この RubyInstaller というやつをぼくは今まで一度もインストールしたことがないよ。でも、よい子は RubyInstaller だ。知らないうちによいものができたね。

f:id:fxrobot:20131212042632j:plainActiveScriptRuby 1.8.7
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/9251/ruby/

でもね、これがぼくが使う Ruby なのだ。同じ Ruby でもこっちは夜店で売っている Ruby だ。まっ、そんなことないけどね。ところで、この 1.8.7 はもうお亡くなりになっているバージョンだそうで、使ってはならないそうだ。

なんだか、VisualBasic.NET を使えばいいのに VisualBasic 6.0 を使いたがる人と似ているかも知れないね。実はそうなんだよね、ぼくは VisualBasic 6.0、F-BASIC V6.3、ActiveScriptRuby 1.8.7 を使うのをよしとする。あの~、あなたねぇ、Ruby は使わなくて PythonPerl だったんじゃなかった? うん、基本そうだけど、Ruby だって使わせてくれよ。

f:id:fxrobot:20131212050418j:plain

ところで、ずいぶん前の話、ぼくが Ruby のちょっとしたプログラムを書いたとき、読んだのが「Ruby on Windows」なのだ。

根っからの Windows 野郎のぼくには、とてもおもしろい本だった。また、ExerbRuby で書いたプログラムを実行ファイル化するプログラム)についてはこの本で知って、使ってみたら比較的小さな exe になったので驚いた記憶がある。

Python なんかだとこうはいかない。

 今はもうこの本、手元にないのだけど、アマゾンで見たら 867円(送料別)だ。もう世のなかに必要のない本になってしまったのだろうか。

ならば注文しよう。1,127円(送料込)を選んだ。今日中に着くとのことだ。多分夜だね。思い出に浸りたいだけなのかなぁ。無駄なやつだ。

さてさて、Ruby 1.8.7 はもう使っちゃイケない。サポートもおこなわれない。バグがあっても直シャしないぜ。って、い~うじゃな~い。

でもぼくはこれからも Ruby 1.8.7 なんだい。
内容のないこと書いたなぁ。

あっ、ちょっと待て。 ActiveScriptRuby 1.8.7 の理由だよね。

ActiveScriptRuby の最後が詰まったパッケージだから、謹んで使わせてもらいたい。
arton さん、ありがとう。

やっぱり意味不明ってか。