読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

Windows 野郎のための Scheme 処理系

Windows 野郎とはぼくのことだ。

Scheme というのはその文化的背景からしても Unix ありきという処理系が多いような気がするのだ。Gauche などがその代表選手といった感じ。根っからの Windows 野郎であるぼくが満足する Scheme の処理系はどこにある?

コマンドプロンプトを前提にするなら Shift-JIS を通してほしい。ぼくは極々大衆的な Windows で Scheme 使いたい人間の一人なのである。で、Windows 野郎のぼくが自然に導入できる Scheme 処理系のベスト5が以下のものだ。

f:id:fxrobot:20131229144307j:plain

 上の順位には今のところ意味はない。あるとすればぼくが期待している順ということだ。完成度やら性能やら仕様どおりに動くのかなどなにもわかってはいないというのが正直なところだ。

Windows 野郎のぼくが満足するといっても Schluessel(シュリュッセル)と Kawa は Java 製の Scheme だ。Unix ありきであるよりは使いやすいし結果としてポータブルなこともありがたい。Mosh と Ypsilon(イプシロン)は C++ 製だ。

Racket は大きなシステムのようだ。(ブログを更新して Racket を加えた。Racket のサイトが接続不能になっていたが今日になって繋がったためだ)64bit 版と 32bit 版があるが、ぼくはいつものとおり 32bit 版をインストールした。Racket には、実行ファイル作成機能があるためプログラムを外部にリリースするときのためだ。なお、Racket は C で実装されているようだ。

番外として、HandyScheme(日本語ハンディスキーム)を取りあげる。これは今のところ完全に「おもちゃ」という位置づけ。Windows 向けの使い捨てツール作成によいと HandyScheme の開発者も述べている。

HandyScheme についてはぼくの手元にある最終版と思しきものを再配布したいのだが、再配布についてのライセンスに関する記載がどこにもないので作者に問い合わせて確認 するべきだろう。 「使用条件等   平和的利用に限り、銀河系すべての生命体が無償で使用可能です。」とあるだけだ。当面はサイトの再開を待ってみたいと思う。

これらの 5つ以外にも Windows 向けの優れた Scheme 処理系があるかもしれないが、気づいたら報告したいと思う。まずはこれらの在処を書いておこう。

① Schluessel        http://schluessel.sourceforge.jp/index.html.ja
② Racket              http://racket-lang.org/
③ Kawa                 http://www.gnu.org/software/kawa/
④ Mosh                 http://code.google.com/p/mosh-scheme/
⑤ Ypsilon               http://www.littlewingpinball.net/mediawiki-ja/index.php/Ypsilon
(番外)HandyScheme   残念ながらサイトは消滅したようだ

Kawa については  kawa-1.14.jar(現在の最新版)という Jar ファイルが提供されており、これをダブルクリックすると Kawa のシェルが起動する。しかし、フォントが見にくい上にどういう条件なのか日本語が通らないことがある(ダメ文字問題ではない)。コマンドプロンプト(932)で動かすと問題はない。

Windows 同志におかれては、Scheme 処理系をお探しなら今回紹介した①~⑤を試してみてもらいたい。 ぼくは Schluessel に注目しているがひょっとしたら Windows ネイティブがある Mosh が本命なのかも知れない。

お試しあれ!だね。