年金ロボットをめざして

2018年3月30日復帰。

ファンダメンタルズ・トレード

ぼくは、過去、ファンダメンタルズ・トレード(別名:ズルセコ・トレード)をしたことがない。なぜかって?そうだなぁ、なんか、kmな感じがしてね、ぼくの好みじゃないんだ。だから、いっそのことこの世からファンダメンタルズ(fs)な要素が消えてしまえばいいと思ってた。ジグザグ(z)を追求すると、fsが邪魔で仕方がない。zはみんな大好きだろう。だってね、ジグザグ・リペイント・インジケーターへのリクエストが多いのに驚いたよ。気持ちは分かるけど、狙いがズレてるって感じがする。そんなの視覚的に捉えても仕方がなくないか。これはこのブログで言ったことがないことだけど、もっといい方法があると思うんだ。おっと、この話題はまたの機会にしよう。きょうはfsについてだ。ぼくの好みじゅないけど、fsのイベントのポイントで、大きく値が動く。こっちは、zを頼りにトレードをしようっていうのに、いい迷惑だ。fsのときにはkmな人たちが、沢山集まってくるんだね。

 

fsはなくなればいいと思っているぼくだけど、逆にfsに特化してみるというのはどうだろう。そもそもfsインジケーター(fsi)ってあるんじゃないのかな。なければ作ってもいいだろう。作るのは簡単で、手間が掛かるだけで、頭は要らないと思う。だから、いままで興味が湧かなかったんだろうと思う。

だけどね、zやtの真理を探るより、楽だし(面白くはない)、儲かる確実性も高いだろう。モハメド・アリ曰く「蝶のように舞い、蜂のように刺す」っていうやつだね。蜂のように刺したら、さっと逃げる。儲けは小さくてもよい。

 

fsiはイベントのデータベースだね。イベントの影響予測範囲は、色の違いで示してくれるといいね。その色範囲を超えないうちに逃げ出すんだ。

 

fsiに興味のある人、意見をくれ。

だって、おじいちゃん、寂しいんだ(笑)