年金ロボットをめざして

2018年3月30日復帰。

幾らの元手で何をやって幾ら稼ぐのか

f:id:fxrobot:20180830193449j:plain

きょうは、全面的に km(金の亡者)な話題だ。

ところで、ぼくは、40歳そこそこでマイクロソフトを退社し、無職となり、きょう現在まで、無職のままだ。かといって、年金も雀の涙程度。なに?可愛そう過ぎるって。でもね、無職になってからも家族を養い、2人の息子はそこそこの大学を出すことができ、子供達は人並みの職業に就き、いまじゃ孫もいるんだ。でも、バツ1というやつで、現在は独身。マンションに一人住まいの天涯孤独。心的孤独死の可能性すらある、可愛そうなやつなんだ。そんなやつが、孤独を紛らすために、こうやってブログを書いている。

さて、君達は、それぞれ目標を持っていることだろう。FXだったら、使える予算は、10万~100万くらいのもので、稼ぐ目標は同じく10万~100万くらいのものだろう。ある一時期、主婦がFXで何億も稼ぎ、脱税で捕まったなどというニュースが世間を賑わしていた。この話には、幾らの元手で、どの程度のリスクで、どの程度の儲かる確率だったのかは話題には上っていなかったと思う。もちろん、100万円以下の元手で、いつかは数億円を稼ぐ可能性はあるだろう。しかし、この確率は低い。こういう成功話の一番大きな原動力は本人の「カンチガイ」だろうと、ぼくの経験上は思う。君も勘違い野郎になれば、FXで1億稼ぐことは可能だろう。ただし、そういう運のいい勘違い野郎にやってくるチャンスは一生に1度か2度しかない。しかも、その運を活かせるかどうかの試練も待っている。

さて、君が1千万の資金を持って、資金運用を考えているとしよう。そして元手の1.x倍~2倍を目標にする。どうするのが一番いいのか? FXは止めたほうがいいだろう。その場合、その資金運用の必要性がどの程度なのかが重要だと思う。何もしないよりはマシで、1.2倍程度でも良しと考えるならば、なおさらFXなどに手を出すべきじゃない。勉強した上で、デリバティブ(現物株含む)がよいだろうと思う。FXに比べ成功する確率が高いだろう。

じゃ、どうすりゃいいんだって? ①資金を準備し②チャンスを待つ(*2)。それに尽きるね。ぼくの場合は、Tレックスを育て、チャンスに対し、マイティマウスで向かう。なんじゃ、そりゃ。具体的に話せよ。

f:id:fxrobot:20180830193449j:plain(TRex-MM連合体 → TRMM投資)

現在のぼくについていえば、TRex-MM連合体を駆使して10億円を稼ぎたい。元々は、お金に興味のないぼくが、この8月、お金が必要な新たな理由ができた。一人で生きていくためには、強くなる(十分なお金を持つ)ほかはない。

 TRexとMM(マイティマウス)については、少しずつだが、やがて明らかにしていくだろう。(*2)もこれに含まれる。ただし、ここのブログとは別に、心機一転、他の場所でブログを始めるかも知れない。いま、探しているよ。

 それにね、金融工学と共にもうちょっと実務的な勉強も始めたんだ。こんなつまんない勉強は、FX入門時以来だね。でも、本気だってことだ。

 ここでちょっと株について。ぼくは長いこと米国株で食べてきた。そのとき思ったのは、原油価格と株価との相関、戦争などが起きたときの株価の下がり方、そして回復の仕方。ニューヨークが上がった翌日は、たいてい東京も上がるということ、世界的な大きな出来事のあとは日本株が下がる、その後、世界市場で大きな影響がないことが確認できると、日本株は回復するなど、頭を使わなくても儲かりそうな果実がゴロゴロしているんじゃないかと思うんだが、どうだろう。

さて、最後に今後のぼくの予定について。当初の予定では、1千万ほどの予算を確保し、フェニックスプロジェクトを始めるつもりだった。内心、楽しみにもしていた。そして、その過程や結果をこのブログで報告しようと思っていた。しかし、プロジェクトは.フェニックス(PX)から、マイティマウス(MM)へと大きく動いた。PXは楽しみだったが、もっと大きな金儲けに現実的な、MMを選ぶことにしたのだ。この8月に決めたばかり。そのために有効と思われる、実践的なキンドル本も数冊買い込んだ。機械学習もいずれは使うが、もっと金儲けに現実的な知識を優先的に充実させる。ぼくも、随分とkm(金の亡者)な人間へと様変わりしたもんだ。

しかしね、いいこともあるよ。

FXのブログは数多くあるが、そんなものを見たって、金は稼げない。FXは面白いが、結局、大きなリスクを覚悟しない限り、大きな金は稼げない。ぼくも一時期多くのFXロボットを調べたが、100万くらいを一度に賭ける勝負に出ないとならなく、当時、そんな資金の余裕も度胸もなかった。もっと、手元資金をそのまま保有できる確率が高く、一か八かではない投資法を確立したい。即ち、それがMMなのだ。今後、ぼくのメインテーマは、「TRMM投資」→「MM投資」であり、ブログタイトルも「大金をめざして’(Aiming a lot of money)」に変えるべきだね。いまのぼくには、控えめで確実な、小さなお金を稼ぐことにはまったく興味がない。ぼくは変わってしまった。しかし、MM投資の確実性は確保したい。

おまけ:

お金について、誰がどう言っているか興味がわき「金儲け」などで検索してみた。でもね、大体は貧乏人(元々お金に興味の無いぼくにとっては侮蔑語にあらず)が、実績もなく、役にも立たないことを書いているようだ。ところで、ある時期、実際に貧乏だったぼくは、自分のことを貧乏・貧乏と言っていた。それで縁遠くなった人もいた。つまり、普通はお金があったほうがよいよね。だけどね、元々は、貧乏を気にしないぼくは、欲張るのを止めれば、元手がなくてもFXで、毎月、年金程度の少額なら稼げるよ、という発想が、年金ロボットの出発点だった。

もう述べたが、今は違う方法を考えている。で、ぼくも実績を作った上で、MM投資を皆さんに勧めたいと考えている。ちょっと時間がかかるが、期待する価値は、あるんじゃないか。

 おまけ2:Phoenix

今回の記事では、FXが、普通の人にとっての投資にあまり向かないと主張した。

しかし、FXは面白い。ぼくは、基本MMを目指すが、FXの面白さは捨てがたいと思っている。投資のメインにはできないが、FXを楽しんではしまいそうだ。まっ、それはぼくの道楽として許してもらおう。それでうまく行く部分があれば、前言に係らず、気が向けば、紹介したいと思う。

 あと一つ言っておく。ぼくは株投資の実績はある。おそらくは総額1億円以上は稼いだといえることになるだろう。だけど、この実績は、直感と運と度胸で得たもので、第三者にも教えられる定型化されたものではない。それを、機能・性能強化、理論武装、定型化(フォーミュラ)したいと考えているんだ。それが、MM投資というわけだ。