読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

APL

上限数1万までの素数

APL

このところぼくは整数論にハマっている。 まじん素数というものを考えて、そこにある法則性を探っているのだ。計算をいっぱいしている。まるでガウスにでもなった気分。ガウスもいっぱい計算したんだろうなぁ。でも、やっぱり計算が大変なので最近になって E…

APL 高次元へのアナロジー

ぼくは、ふと、APL の高次元アレイというものを頭のなかに描いてみた。 簡単なところから、スカラ、ベクトル、マトリックスと進んで、もう一つ 3 次元アレイの名前がほしくなった。それでぼくはそれを「キューブ」と呼ぶことにした。イメージとしては、マト…

TryAPL でトライ APL!

TryAPL を利用すれば APL をインストールすることなく直ぐに APL を体験できる。 【 TryAPL - http://tryapl.org/ 】 (クリックで拡大できる) APL の特殊記号の入力は「Primer」タブを選んでそこから入力できるし、右上にある「Keyboard」ボタンをクリック…

APL 入門

次の式は「APL 知的形式の最高峰」なる誇大広告的タイトルの過去記事に現れたものだ。約束どおり、今回はこの式の解説を時間を掛けてしようと思う。 今回のタイトルを「APL 入門」とした。入門と言ってもブログの記事なのだから、とことんやるというわけにも…

APL NARS2000 とその他の APL 処理系

NARS2000 の新バージョン 0.4.4.54 がリリースされた。ぼくは早速ダウンロードしたが、ノートンに WS.Reputation.1 と警告され削除されてしまった。復活させてインストールし実行したが、不具合があり直ぐにひとつ前のバージョンに戻した。(追伸:リリース…

APL 知的形式の最高峰

ずいぶん大げさなタイトルだけど、APL ってなんだろうって考えたとき浮かんだのが、高度な知的形式ということばだ。そして、APL のそれはプログラミング言語界において最高峰なのではないかということ。まぁ、そのように思い言ってしまう人間がいてもよいだ…

青春の APL

APL - A Programming Language。数学が好きだったぼくは青春の頃、夢中になったが、時間の力は恐ろしく、それ以来一切使わなかったため、おぼろげにしか覚えていない。当時、APL で微積分を展開している本を持っていて、その印象が強烈で今でもそのイメージ…