魔術師をめざして

魔術師を目指して、相場・数学・プログラム言語を研究しています。

ボリンジャーバンド

野本は多い。
実際😹は片っ端から、楽に読めそうな本を読んだ。
んが、ボリンジャーバンドは、低能🐷でも、理解できるものなので、
その2次的著者も、お馬鹿さんが多く、役に立たない本も多い。
で、結局、ボリンジャーの書いた本を読むことにした。
👪さんも、無駄に時間を使うのは止めて、この本を読む事を勧める。
🐷も賛成だ。
おっ、珍しく🐷と😹の意見が合った。

 

f:id:fxrobot:20210413025102j:plain

戦法2つ

🐶さんへ 👪さんもよかったらどうぞ。

スターウィーズ戦法 と ピンバー戦法。

スターウォーズは、
ボリンジャーバンドと、パラボリックSARという
2つのテクニカルで、精度を上げた戦法。
「5分足だけで簡単スキャル」というタイトル。
将棋で言えば、増田式石田流。


ピンバーは、あるろうそく足を見るだけというもの。
「ろうそく足だけで」というタイトル。
将棋で言えば鬼殺し。

どちらも、相手の出方(相場)を見て選ぶこと。
相手が中飛車なのに、棒銀で言っちゃ勝てるわけない。

 

🐵予定よりも早くのっけるよ。

🐵役に立つといいね。

🐵負けても恨まないでね。 

 

🐶さんは、特に、

戦法のレパートリーを増やすことは、言い箏なので、是非読んでください。

 

f:id:fxrobot:20210414120022j:plain



f:id:fxrobot:20210414115957j:plain

 

スターウォーズというFX手法

ボリンジャーバンドを基にしたトレード手法の本を読んだ。
😹はとても気に入ったのだ。

その本を🐶さんに紹介したい。
SFX手法と比較して、🐶さんの手法の持ち込まに加えてほしいと思ってます。
15日の0:00に記事にアップします。🐷 👪も見てるぞ。
30分くらいで削除するかもです。

一目均衡表

は面白いが、😹の👀では、ちょっと無理だ。
😹の視力で分かり易いテクニカルが必要だ。
MACDなども😹👀にはちょっと無理っぽい。

👀のいい🐵達が羨ましい。何でも可能だ。
🐷誰が🐵やねん。😹 🐷よりまし。🐷書き直しだ。
👀のいい👪が羨ましい。何でも可能だ。

 

 

 

 

得意戦法

が必要なことは、将棋指しならみんな知っている。
🐶さんも😹も、将棋指しなのだ。
ボリンジャーバンドは、将棋で言えば、四間飛車戦法だ。
移動平均は、棒銀戦法。MACDは、腰掛銀と言ったところ。
ダウ理論は、矢倉戦法だ。🐶さんには是非とも必要なはず。
それに、矢倉がすべての基本であるように、ダウ理論は、
FXをやろうとする者、全てにとって基本となるのだ。
🐶さんは、このままでは、痛い目に、合うだろう。

🐷ふん、将棋オタクめ。

🐶さんへのお勧め本:290円と安価だし、薄い。ただし、キンドル

f:id:fxrobot:20210413003256j:plain

 

😹から🐶へ

🐶さん、FXの勉強は、終わりましたか?

😹ダウ理論は、分かりましたか。🐷諄い。

🐶さんも😹も、SFXという武器を手に入れたわけですが、
それで満足してしまわないでください。

😹のほうは、SFXに続き、BSXという手法を手に入れました。
この手法は、見た目がスターウォーズみたいで、気に入っています。
🐷見た目は関係ないだろ。

😹5分足で使うイカシタ手法なんですよ。

🐷そんなこと言われても🐶さんは迷惑なだけだ。


😹じゃ、今回はこのくらいにしておこう。
🐷おいっ!

 

 

簡単FX

😹 何かで読んだんだ。
😹 先月までの、EUR-USD簿月足を見よ。
月足が、上昇トレンドなら、買いだ。
月足が、下降トレンドなら、売りだ。
😹 EUR-USDには、それが正しい行動となるケースが、
多いはずだと言う。

🐷 随分乱暴な話だね。
🐷 おいらは信用できない。
😹 まぁ、一度チャートを見てみたって損は無いだろう。

 

雇用統計の夜

 

特にFさん🐶へ

毎月第1金曜日の夜10:30に雇用統計が発表になります。
ポンド円がどうなるか見てください。
発表の内容に応じて上がるか下がるか、大きく動きます。
目安は15分。
もし上がっていたら、そろそろ下がり始めます。
ショートポジションを持って、また15分ほど待ちます。
そこで売れば、利益が出るはず。
下がった場合は、逆にするだけですね。
こんな方法を頭に描いて、次の第1金曜日の22:30
にポンド円を眺めてみてください。
儲かってもお礼は不要です。
おっと、シミュレーションだけにするんでした。
観察していけると見たら、次の機会には、実弾で。

 

これが、レオのロジックでした。

他のイベントは、分かってますね、

片っ端から全部調べて、ご自分のために使ってください。

 

ろうそく足の威力

①三平:陽線(陰線)が連続3つ出たら、上昇(下降)。
②ピンバー:転換点と判断できる。
③含み足:上昇、下降の判断に使える。

の3つの形状には、特別な意味がある。
ぼくの第1次裁量トレードの時に、この3つを知っていれば、
どれだけ助かったことか。

上の3つの完全な解説は、ろうそく足の専門書を見てくれ。

上の3つと、移動平均線で、立派な手法にもできる。
実際、SFXは、①と移動平均線を使った手法だ。
シンプルな手法だが、これで稼いだという人もいる。
SFX簿完全な説明は、画像野本でわかる。
グタグタ訳の分からない持論をぶちかましてる本が多い中、
この本は、ちゃんと手法を説明している。ぼくには、
清々しい本だった。これで儲けるか損するかは自己責任。
なお、画像野本とぼくとは何の関係も無い。善意の第三者だ。

 

1日1万円

というFXの原体験が、ぼくにはある。

FX未経験のぼくが、知識もゼロで挑んだのが、
ぼくぼFX初体験だった。
ろうそく足を見ていたけど、意味は分からなかった。
値段が、上下するのは見ていて理解した。

それで、よくもお金をかけてやったもんだ。
人にはまずはでもトレードをって言うくせに、
ぼくは初っ端から実弾トレードだった。
途中含み損を抱えたりしたが、1日の終わりには、
1万円ほどの勝ちで終わっていた。数か月続いた。
第2次の裁量では、テクニカルを数多く試した。
この時は利益を上げたいなんて少しも思わなかった。
ただ、インジケータの動きを楽しんでいた時期だ。
そして次が、第3次裁量トレードとなる。
磨き上げた、92FSを腰に差して、挑むことになる。
弾(資金)も十分ある。とは言え、目標は、1日1万円を超えればいい。
ストレスが大きすぎれば、過去同様、ロボットに取り組むだろう。

第1次の裁量で感じたのは、価格が上下するときに、ろうそく足が、
特徴的な変化を見せることだ。
でも、正確な法則性は掴めないままだ。

Fさん🐶へSFXにつき③

今日、人に作った手法を貰っても、旨くはいかないという説を読みました。
これは、時節と同じなので、うなずかずにはおれませんでした。
そうすると、せっかく手に入れた、SFXですが、使えない
ということになります。しかし、SFXには、著者へのお礼の手紙が
多く来ていると言います。おかげで儲けることが出来ましたと言う。
しかし、批判、罵倒する手紙もあったと言います。著者に言わせると、
それらの人は、SFXが必ず成功するものと思ったと言い、
FXには必ず成功するようなものは存在しないと主張します。
公平に見ると、相場と同じように、半々と言えるのかもしれませんね。
でも、Fさんはついてる。
ぼくは素手で、FXと戦うしかなかったのです。
あの時、SFXが有ったら、1日3万は稼いだでしょう。
いや、ぼくは恵まれています。次は、七色のテクニカルを
携えて、相場に向かうことでしょうから。

 

Fさん🐶へフィボナッチにつき

フィボナッチの勉強を始める準備がようやくできました。
3日後から取り掛かる予定です。
3日間は、スケジュールが埋まりました。
全て、テクニカル分析のための時間です。

恐らく、数種類のFX手法を身に付けることになります。
トレンドの真理に迫る研究も始めます。先は見えません。
Fさんにお勧めしているダウ理論は、トレンド理解の第一歩と言うものです。
当分は、ロボットのことは忘れるつもりですが、止めてしまう訳じゃありません。
結局は、ロボットに役立つことをやっているのです。
トレード経験ももっともっと必要ですしね。
大きな利益を上げる経験・実績も必要です。

フィボナッチの真実に近づけたら、何かをお伝えすることも
できると思います。気長に待っていてください。

 

追伸:
フィボナッチは、ダウ理論に比べたら、
その成立根拠は強いとは言えない。
市場規模が大きく、テクニカルが機能するという延長線上に、
フィボの根拠は、あるのだ。
だから、ぼくも当然、フィボナッチを手に入れれば、それだけで、
大きな成果になるとは思っていない。
何かを見つける手が買え位になれば、十分なのだ。

 

≒トムキャット

近似トムキャットと読む。

真のトムキャットは捕まらないので、
トムキャットのように振る舞うものを捉える。
トムは、明らかに一種の瀬尾杯である。

100%でなくてもよいが、トムと思わしてくれるほどのものを
を手に入れたい。誰もが願うことだ。
だって、トムが手に入れば、好きなだけ勝てるんだ。
情けないが、今はまだ。こうやって騒ぐほかは無いんだ。

Fさん🐶へボリンジャーバンドにつき

ボリンジャーバンドは、ぼくの好きなテクニカルです。
以前は、余りにメジャーだという理由で、距離を置いていました。
しかし、奥には、三食のクリームが詰められており、美味しい上に楽しい。
好きになりました。Fさんにもお勧めですよ。
同じ、ボリバンでも、解釈や使い方は複数あり、
個性を持てます。
大きく、ボリバンには、トレンド利用と、逆張り利用の
2つがあります。また、RSIやMACDと組み合わせるのも有力です。
昔は、逆張りの本が大方気がしますが、この頃では、順張りの本が多いようです。
流行でしょうか。
ろうそく足については、SFXでは、三平を見ましたが、
他に、含み足だけを見る者もあります。

 

Fさん🐶へSFXにつき②

ぼくのほう、SFXに次ぎ、BSXという手法を持ち駒に加えました。
BSXのような手法は、自分でも結構作れそうです。
オーソドックスなテクニカルの知識の2~3を組合すだけです。
例えば、移動平均とろうそく足パターンで、手法が作れます。
SFXは、移動平均(SMA)(+ろうそく足(三平)でした。
移動平均もよく調べれば、SMA、EMAの他、
WMA、DEMA、TEMAなどがあり、DEMAは、EMAよりも更に、
貯金の値段の反応が良い移動平均線です。
ぼくは、DEMAには、注目しています。
SFXぼSMAをDEMAに替えるだけで、別の手法と言ってもよさそうです。
テクニカルを多く勉強して、その上で実戦経験を積めば、
誰だって新手法を開発できると思います。
Fさんも挑戦してみませんか。