年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

Molanis Strategy Builder

約束どうり、Molanis Strategy Builder の概要を紹介しよう。

【 Molanis Strategy Builder - http://www.molanis.com/

f:id:fxrobot:20130825035902j:plain

NoProgra とおなじく Java で開発されており、これもおなじく MACアドレスによるプロテクトがかかっている。価格も NoProgra とおなじく 149.99ドル(USD)だ。プロ版と呼んでいる。

そのほか、MQLコードを出力できない、スタンダード版がある。69.99ドルだ。別売りとして、Technical Indicator Builder のプロ版が 64.99ドルで、スタンダード版が 29.99ドルだ。

うえの画像が Molanis Strategy Builder の外観で、画像のようなダイアグラムでロジックを作ることができる。かなりわかりやすいツールである。

それぞれ目的をもつブロックをコネクタでつないで、それぞれのブロックにパラメータをあたえ、EA 全体を完成させる。

f:id:fxrobot:20130825041040j:plain

 まずは、家のアイコンであらわされる STARTブロックだ。

 この STARTブロックは、つねにダイアグラム(Trading Diagram)のはじめになければならない。STARTブロックに設定するパラメータとしては、以下に示す3つのグループがある。

a. 共通設定

b. トレーディング設定

c. マネーマネジメント設定

f:id:fxrobot:20130825042116j:plain

うえは、その設定画面だ。ちょっとみにくいので、つぎに内容の拡大を示す。

f:id:fxrobot:20130825042245j:plain

これらの設定項目が、STARTブロックのパラメータとなる。すべて説明したいが、めんどうすぎるので割愛する。

 

つぎは、TAブロックだ。

f:id:fxrobot:20130825042510j:plain

TAブロックでは、よくしられたインジケータをつかって取引条件(Trading Conditions)を作ることができる。

f:id:fxrobot:20130825042905j:plain

うえのような選択ボックスからインジケータを選んだり、比較のための条件(Comparison Options)を選んだりすることができる。

 

つぎは、TA+ブロックだ。

f:id:fxrobot:20130825043201j:plain

TA+ブロックは、TAブロックとどうようの目的だが、メタトレーダ変数を使用することが可能だ。これによって、最適化された強力な EAの作成が可能となる。

メタトレーダ変数は、したのような MTVARアイコンで作成する。

f:id:fxrobot:20130825044210j:plain

 ここでいうメタトレーダ変数とは、EAのインプットタブに表示されるもので、バックテストでの最適化のための変数としても使用できるものだ。メタトレーダ変数は、TA+ブロックで使用が可能だ。

 

つぎは、ロジックブロックだ。

f:id:fxrobot:20130825045550j:plain

ロジックブロックには、ANDブロックとORブロックがある。

ANDブロックは、ロジックブロックに先行する複数のTAブロックのすべてが成立するときにかぎり、そのさきのブロックに進むことができる。

ORブロックは、ロジックブロックに先行する複数のTAブロックのひとつ以上が成立すれば、そのさきのブロックに進むことができる。

ロジックブロックは、ダイアグラムを制御する重要な役割をもつ。

 

 つぎは、注文実行ブロックだ。

f:id:fxrobot:20130825050729j:plain

 BUYブロックで買い注文、SELLブロックで売り注文を実行する。

注文実行ブロックでは、必要ならば通貨ペアを選択したり、ロットサイズ、S/L、T/P、トレーリングストップなどの指定が可能だ。

 

つぎは決済ブロックだ。

f:id:fxrobot:20130825051343j:plain

 決済ブロックには、CLOSE LONGブロックとCLOSE SHORTブロックがある。

CLOSE LONGブロックでは、指定された通貨ペアのすべてのロング・ポジションを決済し、CLOSE SHORTブロックでは、指定された通貨ペアのすべてのショート・ポジションを決済する。

 

 つぎは、時間制御アイコンだ。

f:id:fxrobot:20130825051856j:plain

 時間制御アイコンによって、かなり細かい時間制御によるトレーディングが可能だ。詳細は省略させていただく。

 

 最後は、ENDブロックとコネクタだが、説明は不要だろう。

f:id:fxrobot:20130825052221j:plain

 ダイアグラムの最後には、かならず ENDブロックが置かれる。

コネクタは、ブロックをつないで処理の流れを制御する。

 

解説の最後に、すこしだけ複雑なダイアグラムの例を示そう。

f:id:fxrobot:20130825052457j:plain

 全体的な印象としては、かなり使えるツールではないだろうかというものだ。

Molanis Strategy Builder は、10日間の試用が可能(NoPrograは5日間)なので、ロボット(EA)を作ってみたい人は、挑戦してみてはいかがだろう。ちなみにぼくは、Molanis の使用経験はない。

このツールについては、英語の障害も少ないと思うし、日本製のツールよりも優れていると思う(あくまで私見)ので、採用する開発ツールの検討対象になると思う。

おつかれさま。