年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

Axinomancy テスト

昨日は Axinomancy(アクシノマンシー)のテストをおこなった。Axinomancy はトレンド指向のロボットの名前でもあるが、ぼくが使用するトレンド指向インジケーターの総称でもある。

今回は2種類の Axinomancyインジケーターをテストしたのだ。まずは1つめ。EURUSDの15分足。特別強いトレンドを確認してテストしたのではない。30%くらいのアップトレンドだった。

f:id:fxrobot:20131002122256j:plain

買いの位置に赤い十次カーソルとトレンド方向の矢印を書き込み12時間以上経ってから確認したのが画像の結果である。

2つめの種類のトレンドでは4つの通貨ペアでテストした。4つはどれも1時間足だ。

GBPUSD

f:id:fxrobot:20131002123022j:plain

 GBPJPY

f:id:fxrobot:20131002123204j:plain

EURGBP

f:id:fxrobot:20131002123253j:plain

EURJPY

f:id:fxrobot:20131002123316j:plain

みてのとおりトレンドはどれも正解だった。

昨日のテストで獲得した総利益は 269 pips(Spreadは別)だ。もちろん、出口(Exit)についてはあとからみて一番よいところを取ったわけだから、当然ながら実際はそうはうまくはいかない。

ぼくはこのようなテストをときどきおこなっている。(毎日やれよぉ!)

EURJPY(H1)で 45 pips に達したあと、下降が続いているわけだから、上がり終わりの辺りでテスとしたことになる。この下降が始まる辺りで Axinomancy がどういう値を示したのかをぼくは知らない。:P

これをみても、えつこや春香のようにチャートの前に座り続ける根性が必要なのがよくわかる。ぼくもその根性を発揮する覚悟はあるのだが、常にいつでもそれができるということではなく、その意味ではぼくには無理だろう。スイッチを切り替えて、さぁ、やってやろうじゃないかという心の準備が必要なのだ。(根性なしめっ!)

f:id:fxrobot:20131002125418j:plain

いつやるのか? いまじゃないでしょ!! えっ?

マジな話、ちゃんとやってくれよ。うん、でもね、やれば、うまくいくのわかっているから、えへへっ。おまえ、世のなか舐めてんのか!っていうか、相場を舐めてるな。

じゃ、そろそろ、心を入れ替えてちゃんとやるべぇか。

ああ、たのむよ。テストでいいからもっとまじめにやってくれ。

ロボットを研究したり、最新のウェブテクノロジーに取り組んだりしていて、相場のことがすっかり置き去りだった。ふざけたことを書いていて、ぼくはようやくそのことに気づいたよ。

今年の7月1日に相場への取り組みを始めたはずだった。3ヶ月が過ぎ去った。この間に多くのことに取り組んだ。まずまず頑張ったといえるだろう。

さてさて、今日から相場に戻っていくとするか。