年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

SXM Scheme

今回も、まじん規格(Windows + 日本語)に適合する Scheme を紹介する。

f:id:fxrobot:20140104232135j:plain

 

【 SXM - http://www.malgil.com/sxm/

 

SXM は、IEEE/ANSI 標準に適合し、R5RS に完全対応し、Chez Scheme v6.0 と SRFI 0、6、8、9、11、16 の多くの機能をサポートしているとのことだ。

ただし、ながらくアップデートされていないので、今、わざわざ取りあげるのべきなのかという迷いはあるところだ。しかし、R6RS を好まない人にとっては R5RS のままであることはメリットでもあるだろう。それに、ご覧のとおりシェル上での日本語入出力に問題はない。

f:id:fxrobot:20140105002407j:plain

下にまた改めて、まじん規格(というほどのものではないけど)の Scheme リストを対応規格(R5RS、R6RS など)と共に掲載する。

① Schluessel (R5RS) http://schluessel.sourceforge.jp/index.html.ja
② Racket      (R6RS) http://racket-lang.org/
③ Kawa         (SRFIhttp://www.gnu.org/software/kawa/
④ Mosh         (R6RS) http://code.google.com/p/mosh-scheme/
⑤ Ypsilon      (R6RS) http://www.littlewingpinball.net/mediawiki-ja/index.php/Ypsilon
Scheme 48 (R5RS) http://www.s48.org/
⑦ SXM           (R5RS) http://www.malgil.com/sxm/

とはいってもベースとした規格だというだけで、R5RS 対応の処理系であっても一部 R6RS 対応を始めているものもある。Racket などは R6RS を越えた拡張をおこなっている。

なお、番外だが、HandyScheme は R5RS にほぼ対応とのことだ。

実は今回、Babbage(http://homepage1.nifty.com/~skz/Entry/babbage.html)もインストールしてみたのだ。Babbage は Racket に近いような実行編集環境を持っていて、更に日本人が作った Scheme であり期待をしたのだが、日本語の入力で固まってしまうので、もう少し経ってからまた再評価することにしたのだ。Babbage は Scheme エンジンとして Simple という Scheme を使っていたが、現在は Normal という Scheme に切り替え中で、R7RS-small 仕様とのことだ。

また、Gambit(http://dynamo.iro.umontreal.ca/wiki/index.php/Main_Page)もインストールしてみようとしたが、ノートンに止められたのでやめることにした。ノートンの警告はナンセンスともいえるが「ノートン様のいうとおり」という経験も何度かしているので今回はパスした。

実は、Babbage に対しても警告されたが「黙れ」とインストールしたら固まったというわけだ。日本語を使わなければ良いのだが、(display "ああああああああああ") としただけだよ。最後の「あ」のあとの「")」が入力できなくなってしまった。Babbage をリスタートするほかはなくなってしまった。

なんでぇ?