天在霊と心在霊

皆さんは、霊の存在を信じますか。まり、お化けはいると思いますか。ちょっと違うか。
よく、このトンネルで、不幸な親子が親授した。その苦しさと悲しさで、悪例となって洗われるとか聴くよじゃ、広島の原爆で皮膚がやけだだれて苦しみ死んでいった数万・数十万の人たちの霊はどうしたんだろう。それは別ねっていう特別ルールでもあるのか。広島・永さぉじゃお化けでで溢れているはずだよね。宇宙の真理を追究しているつもりのぼくとしては、そんなの信じる人の気持ちが分からん。
ぼくはお墓参りをするよ。日本人の先祖を敬う行事や習慣は好きだよ。でも、霊がいるなんて本気で言うやつは信用できないと思うね。ところで、ぼくの痔道は右寄りと思われがちなんだ。で、右翼の人の話を聞くと、彼らはどうやら、霊を信じているようだ。戦争で亡くなった方々の霊を英霊と呼んで敬う。英霊の存在に疑いを持たず、ぼくのようなヒトを、唯物論者と呼び、忌み嫌う。
存在という言葉は実は複雑なんだ。霊の存在、神の存在。どちらも一言で存在しないと片付けるかたづけるつもりはないんだ。でもね、どっちなのか応えろ、と詰め寄られれば、「そんなのいないよ」って言うしかないね。
じゃ、霊からやっつけよう。霊は、点を見あげたって、点のどこかには存在しやしない。霊は、時との心の中に存在する。これをぼくは「心在霊」と呼ぶ。つまり、ぼくがお墓で手をあわせるのは心在霊に大してなのである。天在霊がなにかは言うまでもないだろう。それは存在しないものである。
じゃ、次は神様ね。これは存在すると考えることも出来るが、神様が見てるとか、危なく交通事故に合うところを神様の力で助けられた、というような神様は、もちろん存在しない。
えっと、宇宙にね、何か大きな力が存在して、それを紙と呼んだとしても、その大きな力に、我々個々の人間の動向になどに関与するはずもなく、結局薬局残念ながら存在しないと断言しても何ら矛盾は生じないだろう。
ちなみに、大陸(老荘思想)では、その大き力を持つな何かをタオと呼んでいる。タオはすべてのモノを生み出すが、個々の人間になど興味を持たない。

小欲知足

しょうよくちそくと読む。仏教用語であったと思う。
人間の欲は限りないものである。それは決して悪いことではなく、それは人類発展の原動力であろう。
しかし、発展のない安定状況にあっては、小欲は有効な手段となる。よくをコントロールできれば、幸福を得やすく出来、これはちょうど、少ないガソリンで長距離を移動する工夫となる。知足のほうは、同じ状況において、幸福の量を増大させるアイデアといえる。つまり、外部条件はそのままに、認識を変えることだけで内部から幸福の量を増大させる知恵である。これらのセットである小欲知足は、同じ状況でありながら、気持ちのコントロールだけで、より多くの幸福を得られるという知恵の体系(システム)といえるんだ。
とても役に立つ知恵でありながら、なぜか、学校で教えることはないようだ。

これを読んでいる奇特な皆さんは、FXに興味があるよね。それはなぜか。変人のぼくのようにどの数理に惹かれるわけじゃないだろう。ハッキリ言ってしまえば、お金が欲しいということだろう。それは健全だと思う。だけどね、残念だが、FXは普通の方法では勝てない。ぐちゃぐちゃ言ってないで、カツ方法を書けよって。うん、ごめん。ぼくには、それをここにスラスラ解けける知恵は無い。残念。でもね、ぼく以外の誰にだって無理なはずだよ。
待てよ。今回はひょっとして、FXでも受けるのは無理だから、心の内部を変えることで、幸せになれとでもいうのか。ふざけるな!、金返せ!!

ちょ、ちょ、ちょっと、皆さん。このブログでは、皆さんからお金を預かることはない。無性の奉仕ができればと考えているんだ。その代わり、お金以外の応援がほしい。ただ、励ましし(禿げ増し)がほしいんだ。 だけど、ぼくの頭はいまだ毛がふさふさだよーん。確かにフーリエの夢など、夢で終わるかも知れないっていうか、夢で終わるにちがいない。禿げ増しがなければね。

ぼくの計画の推移とか

pへニックス計画(P計画):まずは、P計画。AI技術(ディプラーニング)を用いないオーソドックスな、インジケータとロボットによる FXマーケットへの挑戦で、当初の計画(P0)は、初期資金500万円を用意するつもりだったが、その後、P1(初期資金200万円)へと変更。これも今は先延ばしにしている。P1はゲームとしては楽しみではあるけど、儲かるイメージが湧かない。これこそが、FXの本質かも知れない。
ぼくは、FXの数理の真理追求を先に取り組みことにしたこれを。フーリエの夢と呼んだ。覚えているかい。お金を慌ててほしいとは思わないんだ。お金は要らないというわけじゃないんだ。マンハッタン計画(米国株の長期投資)がある。

また、1億2千5百万の賞金を目指したBSM計画というのもある。歴史上賞金がほしくて研究した研究者など皆無なはずだ。ぼくが手に入れたとしたら、歴史上初の快挙(というか恥さらし)となるだろう。でもね、本気でもらえるとは思っていないよ。研究・挑戦に意味がある。
本当を言うと、ぼくの一番の興味は、リーマン予想なんだ。でもね、ぼくの能力では無理なんだ。日本では、黒川信重東工大)という数学者が第一人者のようで、この人などは、ぼく(IQ150)の簿数倍は頭がいいだろう。無駄だろうが、コンヌ(フランスの数学者)の非可換幾何学リーマン予想解明に有効な空間の幾何学)に興味があるんだ。前の前にいた会社の上司にそんなことにウツツを抜かしているから、君はダメなんだと言われた、確かにその会社ではマイナスだったろうけど、転職後、年収1000万を超えた原動力は、このウツツのおかげだったかも知れない。
このブログを見ている人も思うだろう。ファンタジーばかりにウツツう抜かさず、真面目にやってくれよってね。

ひとはなんのために生きるのか

中学生かって。ぼくはもうちょっと年上だ。だから、そのわけを知っているんだ。実は、人間の個体としては、何も意味はないんだ。実は、残念ながら、人間の個体は、遺伝子を先に進めるための乗り物に過ぎない。遺伝子が先に進みたい理由はなにかだって。それは分からない。たぶん、大自然(宇宙)は最もシンプルな目的を採用したのだろう。まとめると、ヒトが生きる意味はない。意味がないから、自由なんだ。一人一人が、生きる意味を決められると言うことなんだ、つまり、好きに生きていいんだ。また、いつ死ぬのも構わない。もしもだね、生きる意味があったとしたら、すべてのヒトは、その意味のために生きなきゃ成らない。たとえば、毎日かみさまにい乗りを捧げて生きるとかね。危ない、危ない。そんなのまっぴらごめんだ。

えっ、人の命は尊いだって。命の価値はない。価値がないからこそ、0=0。皆平等といえる。ところで、有る宇宙飛行士が、ヒトの価値は、その人の努力の量で決まる。と言った。覚えているかい。生まれつき努力のできない人もいるだろう。そのような人は、価値がない、あるいは価値が低いのだろうか。心配無用。人の命や個体に元々価値など無いのだから、皆同じゼロ。平等に出来ている。なんて素晴らしいんだろう。

 

無意主義

きょうは、お金の話はお休み。

ぼくは、元々はお金に興味が無いタイプ。そんなぼくが、fxのブログなんて。だからなのか、自分のお金への卑しさを隠すのが帰って恥ずかしく思えてしまう。それが理由で、お金に露骨になったり、逆に、まるでお金に無関心であるかのように遠回りしてしまうようだ。いっぽうぼくは、真のが好きだ。数理、数学が好きだ。それに一見、論理的でない、ファンタジーがすきなんだ。これがね。困ったもんだ。

さて、無意主義。ぼくの哲学の大系なんだ。ぼくは少年のころ、サルトルに憧れた。ダイコンを土地から力一杯、引き抜くときに実存を感じた。というあれだ。そして30年がたち。ぼくはサルトルの書籍を読み、実存主義に立ち向かったのだった。しかし、実存主義は、ぼくがあれほど憧れるほど、スゴイもんじゃなかった。ポンコツだったのだ。役にたたん。それで、ぼくは役に立つ哲学を作りたいと考え、出来てきたのが、この夢意主義という訳なっんだ。夢意主義には、きれい事、偽善、嘘などがない・(つもり)この内容については、次回以降に。おいっ。

 

フェニックス計画

フェニックス(phoenix)計画略してP計画。

まじんくん、君は計画で溢れているね。

実は、P計画は、オーソドックスな手法の組み合わせだよ。それに過ぎない。

過去、いろんなインジケーターを作ったし、見付けたんだ。それらをいろいろ試したい。主力となるインジケーターも既に決めているんだ。ロボットは、AIを使わない、従来のものを用意する予定。過去に作った、多くのロボットは、また、やり直しだね。一から作ってもいいけど、ロシアのサーバーからソースコードを手に入れ手改良するという手も考えているよ。以前動かしていたロボットのソースコードが見つからないんだ。でも大した出来じゃないから、また作ればいいと思ってる。前やったときは数十万円まで増えたけど、リーマンショックでゼロになって仕舞ったんだ。面白い経験だった。

さてさて、P計画の式んは、200万円。もっと使ってもいいけど、FXで使うのはこの程度がいい。これでだめなら、この3倍使ってもダメに決まってるからね。

もし、もしもだよ。ぼくがね、P計画で1000万円以上手にできたなら、田の誰かに、その方法を教えてあげるのも楽しいだろう。と思ってるよ。お金が欲しいだけなら、M計かぅが一番効率がいいし、確かだろう。ただし、チャンス待ちにはなるね。チャンスさえこれば、あとはリスクも低く大きく儲かる。なんだ、じゃ、それ教えろよってか。いや、ぼくは、そこまで親切じゃないよ。

マンハッタン計画

マンハッタン2計画、別名「2億円計画」。略してM2計画。ちなみに、M1計画(1億円計画)はこの夏完了したばかりだ。

この計画は、現在も消極的に継続中だ。そして、この計画のリスクは低い。ただし、この計画の実行には、あるチャンスが必要。じっとチャンスを待て。というわけ。

暇をもてあますであろう、その間にbsm(ブラックショールズ改良)研究と、フーリエの夢実現に取り組もうというウわけ。

マンハッタン計画は既に実績も出ている。そのお金があればもういいじゃないかという面もある。。実際、それ故に消極的になっているのだ。ところで、きょう、喫茶店で、知り合いに、mちゃん(ぼくのこと)「金儲けの話があったら、教えて。100万くらいなら投資できるから。」といわれた。ぼくは「100万円とか、投資とは言わない。投資と言うなら5千万円は必要。」と冷たく言った。

でもね、その程度にニーズこそが、多いんだろうね。だけど、そんなのにぼくは関わりたくはない。許せ。

でも、教えることは出来る。ただし、マンハッタン計画ほどリスクが低いというわけじゃない。

疲れた、続きは、こんつぎね。

 

だから

フーリエの夢

お久しぶりです。田の場所で活動を続けると言ったままだったけど、皆さんのご想像通り、停止したままでした。

今回はその間の出来事(ぼくの動き)をご紹介したい。

従来目指していたディープラーニングの勉強は一端中止して、ブラックショールズ理論(以下bs理論)の勉強&研究へと切り替えたんだ。なぜかと言えば、興味の対象が移ったと言えばそれまでなのだが、bs理論の改良に関してぼくにもなにかが出来そうに感じたので取り組んでみることにしたのだ。bs理論の改良版(仮にそれを「bsm」路論と呼んでおこう)のつまりbsm理論の開発が目的だ。ただし、開発と言ってもプログラムではなく、最終目標は論文(英文である必要あり)なのである。

じゃ、fx攻略への強気の取り組みを止めたのかって言う分けでもない。

現在、fx攻略には数多くの理論やテクニカルがある。ぼくは、それらとは違う斬新なものを開発したい。基本的なアイデアは、値動きの関数曲線を基本的な関数曲線に分解して、最新の値動き曲線を導出しようというのだ。これうぃぼくによる「フーリエの夢」し呼んで置くことにしよう。ぼくは今後、fxに関してはフーリエの夢を目指す(既に動き始めているよ)。

さて、お金に関しては、既に、株取引によって一応の成果あげたと言っていい。株取引はこれで一応の終わりとして、あとはゆっくりと長期的に億を目指す(実績も自信もあり)。億なんてホントかよって思うだろうね。そうなんだ、前にも言った通り、大きな金を確実に稼ぎたいなら、fxなんかじゃない。株なんだ。

ただ、闇雲にfxで儲けたいって思っても、うまくは行かない。だって、9割のプレーヤーが、負けて去って行く市場なんだ。だから、ぼくはね、回り道のようでもf、まずは、xの数理を極めようとしているんだ。そんな(フーリエの)夢を見てしまうと言うのも案外理に適ってるというわけさ。

 

 

FXインジケーター

f:id:fxrobot:20180910194651j:plainPhoenixの役に立つのか?)

インジケーターは面白い。FXは、投資には不向きだけど、インジケーターには実に癒やされる。何か、新しい数理を掴めるような気にしてくれる。だから好きなんだ。

ぼくはかつて、無数のインジケーターを調べ、試した。今は繋がっていない、外付けのハードディスクに沢山眠っている。それらを再評価するのもPhoenixプロジェクトの一部なんだ。

ところで、画像のようなアラートを出すインジケーターは、無料のものが無数に存在する。だから、どういう理屈でアラートを出しているのかが、重要で、結果として、評価は、正解確率次第といえる。だから、この画像を見ただけで、このインジケーターがほしいというのは、間違っているだろう。でも、このインジケーターで数百万稼いだと聞けば、誰もがほしいと思うことだろう。しかし、本当に儲かるインジケーターを只でくれる人はいないと思うよ。ぼくなら自分で作る。アマテラスもアラート表示のインジケータにするつもり。インジケーターは、楽しく面白い。

現在のぼくは、何度も言うが、FX投資反対派だ。しかし同時に、FX娯楽賛成派でもある。ぼくの娯楽としてのFXへの挑戦は、Phoenixという名の下に継続したいと考えている。

f:id:fxrobot:20180910225228j:plainPhoenixの勇者ことサイボーグ002)

[追伸]:

今、とっても面白いFXの本を読み始めたよ。これは、FXの一手法じゃなくて、法則全般について述べたもので、株価の予測にも役に立つようなんだ。実際、現在勝負中の旧MM投資の追い込みにも役立ったようなんだ。知識が1千万以上の違いを生む。「知識は金なり」。あれっ、FX限定じゃなく、投資全般についての本だったかな。実は、機械学習をサボって、その分、投資本を沢山読んでいる。まだまだ学ぶことは多い。←これは自分のためのメモ。

 

 

FXで勝つにはどうすればよいか

f:id:fxrobot:20180907185711j:plainPhoenix 002は、金融工学 003 の助けが必要)

今回は、FXで勝つにはどうすればよいか。真剣に考えてみたいと思う。

ぼくの立場は、FX投資反対派だ。それは、最近になってハッキリしてきただけで、ちょっと前までは、FX投資にPhoenixで挑戦する気満々だったのだ。しかし、今では、投資というもの全体を俯瞰し、冷静に考えてみると、なぜFXに拘る必要があるのかと思うに至った。ただし、投資資金が少ない人にとって、FXは、ある意味救世主ともいえる。ぼくもかつて、お金がないとき、知識もなかったが、勘だけでやった。結果、1日1万円ほどを稼いだ。それを見ていたある人がわたしもと、20万円ほどの資金でぼくに続いたが、あっという間に全額無くなってしまった。ぼくはというと、なんとか、1万円の利益は続いたが、1万円を稼ぐ過程で、3万、4万という損切りをしなくてはならず、それが苦痛で仕方なくなったんだ。そこでロボットに移行したんだ。ロボットでは3ヶ月ほどで10万ほどを稼ぐことができたが、リーマンショックが起きて、それに巻き込まれて、利益がゼロになってしまった。ロボットを直ぐに停止すれば、10数万まで増えていた利益は確保できただろうが、ぼくはそれをしなかった。それから、何年か経って、そのときの経験から、欲張らずに、少額の利益であれば、ロボットで稼げると考えた。その経験が、年金ロボットという考えに結実した。

 さて、現在はどう考えているかというと、投資をしたいなら、FXよりもよい方法があるという立場なんだ。でも、FXは面白いし、好きなので、なんとかしたいとも考えている。そのためには、金融工学機械学習の知識を用いたいと思っている。これには、まだ時間がかかるので、これ以外の方法も考えた。

一体、確実性が高く、FXで成功するにはどうしたらよいんだ。

その本格的な答えは、金融工学機械学習を試して見なくては、出てこないだろう。それはそれとして追求するが、従来の知識だけでは、どうしようもないのかと考え込んだら、その答えらしきものが浮かんできた。「FXで勝つにはどうすればよいかⅡ」で書こうと思う。ちょっとだけ、時間をくれ。

 

Phoenix

f:id:fxrobot:20180907153726j:plainPhoenixの勇者ことサイボーグ002)

hoenixとは、既に述べている通り、ぼくのFXプロジェクトの一つのこと。

投資としての可能性は低いと考えているが、ぼくの楽しみであり、道楽。かつて、独自で複雑なインジケータも作ったが、今はもっとシンプルな方法を使うつもりでいる。それは、特に画期的というようなものではなく、9割が負け組と言われる、FXゲームへの単なるゲーム的な挑戦というだけのこと。

 だから、Phoenixは、投資とは考えていない、ぼくにとってはゲームだ。おっと、手法を教えてくれというのは、気が早すぎる。ぼくのゲームが上手く行ったことを見届けてからでも遅くない。ぼくはね、こんな上手い方法を教えるのは勿体ないとは考えないたちだ。でもね、ぼくが成功して、それを教えたとしても、君が上手く行かないほうに賭けるね。それがFXというものだと思う。

お金がほしいというのなら、もっといい方法があると思う。FXを面白いゲームと見るのなら、ぼくは賛成。だけど、勝ち越すのは難しい。だからこそ面白い。投資として検討しているならば、止めるべきと思います。

 

ぼくの口先ウェアたち

f:id:fxrobot:20180718172041j:plain

ぼくの口先ウェアにまた1つ新しいプログラムが加わった。その名を「ブラックフルーツ」という。これは、ブラックショールズ理論に基づいた、低リスク投資クリエートプログラム。こんなのあったら、楽しいね。

ぼくの口先ウェアの一覧:

① アマテラス → FX機械学習プログラム

走れメロス機械学習プログラムジェネレータ

③ ブラックフルーツ → 低リスク投資クリエートプログラム

これらは、どれも口先ウェアであり、酷くあてにならないものばかりだ。また、完成しても公開するとは限らない。お人好しは止めにした。

 今は、ブラックフルーツが最もホットだけど、できる目処はまだ立っていないし、設計のアウトラインも皆無だ。呆れるね。

 

確率微分方程式

f:id:fxrobot:20180906120903p:plain

きょう、アマゾンに確率微分方程式の専門書を1冊注文した。キンドル版がないのでやむを得ず、フォントが太く大きそうな紙の本を選んだ。見えなきゃ話にならないので、内容の善し悪しは二の次だ。大きなハンデだね。(* 確率微分方程式の本が届いた → 山勘がハズレ、フォントが細く小さい字だった → 読めないよ → ダメだこりゃ)さて、ブラックショールズへの入り口は、確率微分方程式から始まる。そして伊藤のレンマにより、方程式は実用を得る。伊藤積分というのが出てくるが、確率微分方程式の確率関数を含む項が、通常のリーマン積分ができなく、ルベーグ積分のようにリーマン測度の拡張が必要で、伊藤積分というわけだろう(まだよく分からん)まぁ、いずれにせよ、ぼくの新しい歩みをここに記録することにした。

 何のためにそんなことを始めたのかって?ブラックショールズの厳密な理解のためだ。かといって、こんなの御免被りたいという、文系の人でもブラックショールズは使えるはずだ。関数電卓に組み込まれ(と書いてあったが実際のところは知らない)、ボタン操作で、ブラックショールズ方程式が解かれ、リスクゼロの投資が可能になるようだ。これが本当に可能となれば、究極のMM投資といえそうだね。

だからね、初めっからやるっきゃない。

 

AIロボットとブラックショールズⅠ

 

f:id:fxrobot:20180817204505j:plain

ぼくは、アマテラス(機械学習機能を備えたFXロボット)を開発したい。これを一般的には、Gロボットと呼ぼう。Gロボットの開発には、既に将棋ソフトの開発で機械学習を用いて成功しているY氏が参入しているということだ。ぼくがこれを聞いた当初、これは、開発競争をしたところで勝ち目はないと思った。なぜなら、Y氏は、機械学習に関する十分な知識と経験を持っているはずだ。ぼくなど。足下にも及ばない。実際、その通りなのかも知れないが、機械学習について、少し分かった現在、いくらY氏であっても簡単なはずはないと思うに至った。今回はここまで。当然ながら、弱犬の遠吠えと見ていただいても仕方がない。

さて、もう一つの話題。ブラックショールズ(単にそういった場合、モデル、理論、あるいは、方程式を指す)だ。

この中身が何を指すのか、この8月まで知らなかった。そして概要を知り驚いた。文系の人たちこそ、興味を持つべきで、面白いと感じるはずだ。

リスクゼロで投資ができるという驚くべき代物だ。今回、詳細はいわない。まずは、驚いてくれ。そして興味を持ってほしい。Ⅱでは、もう少し、踏み込むよ。