読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

MT4レンジファインダー (00-Range_v100)

【 00-Range_v100 - http://www.dlmarket.jp/products/detail/198461 - 19,800円】

f:id:fxrobot:20130925025427j:plain

 以前、ぼくが購入を検討しているインジケーターとして紹介した「MT4レンジファインダー(00-Range_v100)」をEUR/USD の1時間足チャートに実際に挿入してみた。

作者の方が親切にも試用版を提供してくれたのだ。ぼくは親切には親切で応えたいほうなので、悪い評価は書きたくないのだが、そうだねぇ、残念ながら、ぼくにとってはほしいものではなかった。しかし、人それぞれで、このインジケーターを有効に活かせる人もいることだろう。使う側の能力の問題ということもあるかもしれない。

さて、上の画像(クリックで拡大できる)をみるとレンジファインダーのシグナルが多く出るように感じるだろうが、上はとくに出ているところを捉えた画像であり、1時間足ならばまる半月ほどシグナルがなにも出ないこともあるようだ。それはデフォルトのパラメータの場合だが、それを変えればまた結果も変わってくるだろうし、通貨ペアによっても違うだろう。

ぼくはこのインジケーターで、その精度以外で、いちばん気になっていたのは、レンジの上下を示すラインがいつ出るのかということだった。それはパラメータにもよるのだが、基本的にすべての条件が揃ってから出るとのことだ。つまり、画像の左側の例だと、ほぼ右端に来てから表示されるということだ。

画像右側の例では、上下のラインが歯ブラシのようになっているが、このブラシの部分が役に立つ部分といえる。つまり、ブラシの部分がシグナル表示後の部分なのだ。このように長いブラシになる例は多くはない。ぼくにとっては、魅力的なシグナルを出してくれているとはいえない。

ぼくに思いちがいがないとはいえないので、興味のあるそれぞれの人がぜひとも試用版を試してみてもらいたい。試用版がどこにあるかわからない人(ぼくもそうだった)は作者の方にメールを送ってみるといいだろう。親切に対応してくれると思う。