読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

wxPHP

【 wxPHP - http://wxphp.org/
f:id:fxrobot:20131119183405p:plain

PHP で Windows デスクトップ・アプリケーションを開発だ! ぼくは Windows GUI でも PHP が使えることがうれしい。なぜって、ぼくのターゲットアプリはテキスト処理中心だから、PHP はそりゃぁもう頼もしいんだ。

サーバー側に JavaScript が進出したり、クライアント側に PHP がやって来たりと、おもしろい時代になったものだ。

wxPHP は、Windows版、Linux版、MacOSX版が用意されている。更に、ソースコードのダウンロードも可能だ。ここでは Windows版をダウンロードしてみよう。

【 wxPHP Windows ダウンロードページ - http://wxphp.org/download
f:id:fxrobot:20131119185225p:plain
上にある「wxphp-2.9.4.1.exe」(バージョン番号は変わっているかも)をクリックするとページが変わり、そのまま 5秒ほど待つとダウンロード・ダイアログが表示されるので「ファイルを保存」を押してダウンロードする。

ダウンロードした wxphp-2.9.4.1.exe は、Windows のインストールプログラムなので、ダブルクリックして起動させ、指示に従ってインストールしよう。

で、テキストエディタPHP のプログラムを作成。
まずは Hello World からね。

f:id:fxrobot:20131119192828p:plain

プログラムを作ってファイル名を「hello.php」で保存。
次に、コマンドプロンプトを立ち上げ、次のように実行。

f:id:fxrobot:20131119193334j:plain

Windows 7 で実行できたぞ!
wxphp -v で PHP のバージョンが表示されている。PHP 5.4.10 だね。

 次は GUI のプログラム。
(クリックで拡大可)
f:id:fxrobot:20131119193943p:plain

 で、実行結果がこれ。当然こちらも Windows 7

f:id:fxrobot:20131119194257j:plain

 これを手掛かりにこの先に進むことができるだろう。

これで、中身は超薄ぅ~いけど、wxWidgets(1)、wxJavaScript(1)、wxPHP(1)と紹介することができた。それぞれの(2)までには少し時間が必要だとは思うけどね。

wxPHP についても、次回はもう少し踏みこんだ内容を紹介できればと思う。
wxPHP(2)を待ってほしい。