年金ロボットをめざして

2018年3月30日復帰。

聖杯ロボットは可能か

聖杯ロボット(grail robot→gロボット)というのはfxの為替差益を全部ぶん取るような人口知能ロボットである。一体そんなものが可能なのか?わからないが多分無理だ。と思うけどね。gロボット→アマテラス・スサノオって名前まで付けて作ると宣言しているのが大ばか者のぼくだ。結局、そこそこ稼ぐロボットが出来るだけかもね。 

gロボットとはn氏の情報によると、y&coによって取り組もうとされているようだ(ぼくはまったく確認できていない)が、行き詰っているとのことだ(これもn氏情報でぼくにはまったく分からん)。

 

さて、ぼくは、完成するかどうかはさておき、gロボットを目指す。しかし、ダメだったとしても、その過程における知識と経験がdaに生きるはずと考えている。

daもgロボットも地下に潜るんじゃなかったのか?

 

うん、そうなんだけどね。その前に少しだけ、gロボットへのアプローチのアイデアメモを記しておこう。為替相場のある局面を頭に描こう。その局面のどこで買って(あるいは売って)どこで売る(あるいは買う)のが一番儲かるのか学習させるということだけど、2つノインジケーター(ジグザグ(z)とトレンド(t)あるいはそれらの組み合わせを基準にして最善のポイントを決定する特徴量を探ろうと考えている。前にも少し書いたけど、zとtにfxの真理が隠れているというのがぼくの直感なんだ。そんなこと言っちゃっていいの?これで作れるものなら作ってもらえばよい。

 

ぼくとしては、もう少し機械学習の基本的技術を納得いくまで学んでから、gロボット(具体的には、アマテラスやスサノオ)の本格的な設計に挑みたい。新しいスケッチブック一冊は全部使っちゃうだろうね。設計図をを楽しそうに書いているぼくのそのイメージが浮かぶ。もし不発でもこれだけ楽しければ十分元は取れているよね。これ、我ながらkmな言い方だね。

 それじゃ、地下に潜るとするか。