読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金ロボットをめざして

FX(外国為替証拠金取引)自動運用ロボットの開発ブログのはずだった

AutoHotKey の操作記録ツール

プログラミング言語 AutoHotKey

ぼくにとって AutoHotKey はなくてはならないツールになってきた。

キーハックツールとして、プログラミング言語として、使い捨てコードツールとして。先日もテキストファイルを加工する必要が生じたが、AutoHotKey の使い捨てコードを書いて簡単に解決した。こんなとき今までだったら AWK を使ったり Perl を使ったり、あるいは置換ツールを使ったりしてきたのだが、今後は AutoHotKey 一本で解決できそうだ。また、少し汎用化して自分用のツールに仕立ててもよさそうだ。

AutoHotKey を覚えたのは今月になってからだと思う。もう大抵のことはできると思うので、かなり容易に覚えることのできる言語だということだね。まだ AutoHotKey を知らない人にはお勧めだよ。

さて、UWSC などにはマクロレコーダーがあるが、AutoHotKey ではどうやったらいいのだろうとネット上に書いている人がいた。そんなことは、キーハックツールである AutoHotKey にとっては簡単なようなことに思える。 実際、UWSC のようにボタンを押したら、ハイ、ここから記憶ねって機能は簡単に実現できそうだ。というわけで、自分で作ってみようかなどとも思った。しかし、探してみればそんなツールがすでにあるではないか。

f:id:fxrobot:20131230084353j:plain


UWSC のメニューボタン
にあるマクロレコーダー機能


AutoScriptWriterⅡというのがそれ。どこにあるかといえば、AutoHotKey 1.0 のなかに入っている。http://www.autohotkey.com/download/AutoHotkey104805.zip

f:id:fxrobot:20131230085221j:plain

使い方は簡単なのであれこれやってみればわかるだろう。

もう少し高機能なものもある。これは下の画像のとおり、日本語のメニューを表示することもできる。

【 Pulove's Macro Creator - http://www.macrocreator.com/

f:id:fxrobot:20131230085737j:plain

これは AutoScriptWriterⅡよりも高機能だが、これもあれこれやってみればわかるだろう。(そんなぁ、手抜きが過ぎるぅ)

まぁ、今回の紹介は、そもそもその存在を知らない人のためのもの。
健闘を祈る。